2012年 マツダ Mazda RX-7 復活?

スポンサードリンク

海外で2011?2012年にRX-7が復活するというニュースが発信されています

A spiritual successor to the Mazda RX-7 could be in showrooms by 2011 – and it could develop up to 350bhp.

Despite the tough economy, the Mazda RX-7 revival is still going to happen. Sources close to Mazda tell us that we could see a new RX-7 as early as 2011. However, the?arrival of the 2012 Mazda RX-7?of the RX-7 will almost certainly signal the end for the expensive, slow-selling Mazda RX-8.

Reports from Inside Line suggest that the birth of the 2-seater Mazda RX-7 will mean the death of the current 4 door, 4 seat RX-8 that has been in circulation since 2004. Furthermore, the Santa Monica gang say that the next generation rotary sports car may not exceed the performance of either the last twin-turbo RX-7 or the current RX-8’s 1.3 liter 232 HP Renesis engine. This is contrary to earlier rumors, suggesting that the latest 1.6L 16X power plant was churning out as much as 350 ponies while still achieving superior fuel economy.

RX-7とは、RX-8の後継であり、もちろん2ドアスポーツになるということです。

エンジンは16xと呼ぶ新設計の800ccX2ローター、350馬力が搭載されると予測しています。

これまでの1300ccのロータリーエンジンより、排気量アップにより最大出力もかなりアップしながらも、燃費など環境性能も向上しているということす。

一方、スタイリングについては不明ということですが、RX-7という名前を引き継ぐスポーツカーですから、世界中に誇れるデザインに違いありません。

以上、海外のニュースを検索すると、次期RX-7の話題はけっこうな数ヒットするのですが、日本ではそれほど関心が無いのか、ニュース記事が少ないのが気になりますね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト