ダチョウが新型インフルエンザに有効

スポンサードリンク

こちらも「さんま・福澤のホンマでっか!?ニューススペシャル」で紹介されていた、ヒット商品。
ダチョウの卵から生成する抗体が、新型インフルエンザを防いでくれ、マスクに抗体を塗布した製品がヒット中なんだそうです

2008年にダチョウの卵が抗体を生成するという研究が話題になったようです

ダチョウの卵から、高病原性鳥インフルエンザウイルスを不活化する抗体を大量に生産する方法が開発された。大阪府立大生命環境科学研究科の塚本康浩氏らが手がけているもので、この方法を応用した鳥インフルエンザ抗体マスクの商品化も進んでいる。

従来ニワトリやウサギに抗原(無害化したウイルスなど)を注射し、体内で作られた抗体を卵黄などから精製していたが、この方法では生産コストが高く、用途が限定されていたそうだ。そこで、ニワトリやウサギの代わりに大型の卵を産むダチョウを使うことで、大量生産を図ったとのこと。

ダチョウの卵は、ニワトリの卵の25個分の大きさなんだそうで、それを抗体やワクチンに生成する時の効率が良く、コストも安く済むそうなんです。

なるほど?

ダチョウの抗体マスクを開発し販売しているページはこちら

ダチョウの抗体を研究している、京都府立大学のページはこちら

ちなみに、こちらはダチョウの卵で、卵かけご飯にチャレンジしている勇敢なページw


国産 ダチョウ卵 1個 送料込み【牧場直送のため代引きがご利用できません】

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト