シューマッハF1復帰の計り知れない効果

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

ドイツ人のシューマッハが復帰するのは、ドイツのメルセデスから。
メルセデスにとって、たった9億円を払うだけで何倍のバリューを得ることが出来るのでしょうか?

メルセデス・ベンツは、シューマッハが率いるドイツ・スーパーチームが生み出す興奮によって、2010年には「大量の車」が売れることを期待している。

シューマッハの存在によって「メルセデスのクオリティーにも多くの人が注目する」と語った。

勿論メルセデスにとって、シューマッハの復帰はモータースポーツから得られる企業イメージの大幅な向上に繋がる筈です。
これまでは、マクラーレンのエンジンサプライヤーというテクニカルな貢献イメージであったのが、F1で最高の人物であるシューマッハを獲得することで、一気にフェラーリと並ぶスポーツカーブランドとして名乗りを挙げることが出来るからです。

逆にフェラーリの会長からしてみれば、シューマッハの離脱はかなり痛いというコメント。

フェラーリ・チームの代表として、彼がメルセデスに移籍することを悲しく感じている」

ミハエル自身は、復帰はメルセデスへの恩返しということを語っています。

いったんは現役引退したものの、3年ぶりの復帰を決めた元7回の世界チャンピオンであるミハエル・シューマッハ(40歳:ドイツ)は、今回の契約について「これはメルセデスへの恩返し」と、語っている。

それより、何と言ってもシューマッハの復帰を一番歓迎しているのは・・・

一度は引退を決意したミハエル・シューマッハ(40歳:ドイツ)の現役復帰で、一番期待を掛けているのがバーニー・エクレストン氏だろう。

元7回のF1チャンピオン、ミハエル・シューマッハの現役復帰という大きなニュースを得て、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は「2010年がF1にとって大きな飛躍の年になる」と、期待をみせた。

そして、バーニー・エクレストンが思い描く最高のシナリオはシューマッハがチャンピオンを獲得すること。
シューマッハ自身、メルセデス、ニコ・ロズベルグ、そして何と言ってもエクレストンにとって最高の結果になることというコメントで締めくくっているようです。

優勝するかどうかなど考えていない。彼はチャンピオンシップを制すると思っているよ。

F1興行のドンであるバーニーエクレストン氏にとっては、ホンダ、BMW、トヨタ、そしてルノーまでもが撤退することになる状況として、2010年はかなり厳しい状況になることが予測されていたことでしょう。
それが一転しシューマッハの復帰によって、そんな暗いネガティブな話題を一切消去してしまうほどのインパクトがあったようです。
一番ラッキーだったのは、エクレストン氏かもしれませんね。

また、地元ドイツのホッケンハイムリンク。
観客数の減少による開催危機の問題まで発展していましたが、シューマッハの復帰によってそんなこと吹き飛ばすような効果があるようです。
実際にクリスマス休暇返上でチケット販売しちゃっているそうです。

3年間の沈黙のあと、F1復帰を決めたミハエル・シューマッハ(40歳:ドイツ)だが、早速その効果がドイツGPのチケット販売に表れているという。

予想外にチケット販売の勢いがあったため、ホッケンハイムは女性従業員のクリスマス休暇を中止し、これに対応するという。

ニキ・ラウダ氏も、シューマッハの復帰は、F1というモータースポーツ全体へ波及する効果を語っています。

彼の復帰がこのスポーツにとって素晴らしいものになることのほうが重要だ。

とにかく来年のF1 はミハエルシューマッハによって救われると言って過言では無いかもしれません。

そして、一番恩恵を受けたのはF1ファンなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る