ザウバーF1参戦承認オッケー!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

BMW F1の撤退表明後、チーム売却により存続を模索していたザウバーですが、結局ペーター・ザウバー氏がチームを買取、ある意味元の鞘に収まるカタチでチームの存続が決まっていたのですが、その経済的な事情からF1参戦権についてFIAからなかなか承認が得られない状況が続いていました。

そして、とうとうザウバーはF1にカムバックすることが正式に承認されたようです

ザウバーがF1に戻って来れたのも、トヨタが撤退したからかもしれません。
ペーター・ザウバーさん、トヨタF1チームにお礼を言いたいかもしれませんね。

FIA(国際自動車連盟)は2010年シーズンF1参加チームとして、旧BMWザウバーを受け継いだ新生ザウバー・チームが第13番目チームとして承認されたことを発表した。

「FIAは、BMWザウバーAGに2010年F1世界選手権のエントリー申請が成功したことを伝えた」とFIAは声明を発表。

FIAはBMWザウバーAGに対し、2010年FIAフォーミュラ1世界選手権へのエントリーを認めると通知した。コンコルド協定へ署名することを条件として、撤退するトヨタに代わり、BMWザウバーが13番目のチームとして選手権に参加することになる。

FIA(国際自動車連盟)がザウバーチームの2010年エントリーを認めると発表した。以下、FIAのプレスリリース。

国際自動車連盟は3日、来季F1シリーズの13チーム目の出場枠をザウバーが獲得と発表。撤退したトヨタの穴を埋める。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る