これまで買ったデジカメの中で最も楽しいカメラ、これからのカメラ

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

実は先週、ペンタックスのデジタル一眼レフカメラK-7を購入しました。
小型軽量ですが、位置付けはエントリクラスではなく、造りの良さを目指した(一応)、これまでに無い位置付けの一眼レフカメラです。 

しかし、それよりも感動したカメラも先月末購入していました。
iPhone 3GSのカメラです

こちらがiPhone 3GSで撮影した写真(Flickrにアップしています)

@Kawasaki 3
@Kawasaki

これまで買ったデジタルカメラの中で、iPhone 3GSで写真を撮るのが一番面白い!
それは・・・・

・まず、綺麗に撮れること。
コンパクトデジタルカメラより画質は良いとは言えませんが、それでも写真として見れる画質で撮影が可能です

Bridge and Building

・すぐに写真共有サイトにアップできること。
自宅に帰ってから、カメラからMacに写真を格納して、整理して、選択して、写真をアップ・・・だと、ついつい、数日後、最悪は数ヶ月後になるんですよねw(俺だけ?)
撮ったらすぐに共有!出来ると出来ないとでは大きな違いがあると思います

・GPSが付いているということ
いつ何処でで何をしたかが記録できます。
いま売ってるカメラの中では、Nikon P6000しかGPS内臓していませんが、P6000などのデジカメの場合、撮影する時にしか電源ONにしませんから、せっかくのGPSが付いていても、位置情報の捕捉に1?2分掛かりますので実際、使えない・・・・かも
iPhoneは常にGPSを補足していますから(設定をOFFにしない限り)

しかし、これらの魅力以上にiPhone 3GSはカメラとして、いままでに無い魅力があるのです。
それは、カメラをコントロールするソフトや、加工するソフトが、AppStoreで配布されているということです。

冒頭の2枚の写真は、Photoshopなどを使って加工したものでは無く、iPhoneにインストールしているアプリで、撮影したものなのです。

最近、デジタルカメラの機能は飽和状態、様々な機能が入門クラスのデジカメからプロ機までもう区別無く、実装され尽くされた感があり、ついにこカメラ自身が写真の加工までやってしまうという機能がトレンドになりつつあります。
これはこれでこデジカメになって、れまでのカメラの概念を90度くらい(^^;変えるインパクトがあることですが、既存のカメラで一番気に入らないのは、これらの写真を加工する機能はメーカーお仕着せのソフトによるものということです。

それに対してiPhoneのカメラ機能は、Appleが提供するディフォルト状態だと、撮影に関する一切の設定が出来ません。画像サイズですら変更できません。(ある意味画期的!w)
しかし、App Storeで配布されているソフトを使うことで、Photoshop並の加工が出来るようになるのです。

例えば、いまハマっているのは”Vint Shift”と”Poralize”というApp
“VintShift”は、今流行りのシフト・ティルトレンズで撮影した模型のような写真に加工してくれるソフトです。
処理自体は、中心部から上下にボカシを入れるという単純なものなのですが、撮りようによっては、シフトレンズで撮影した雰囲気になることが出来ますし、ボケが入ることで、通常の写真にも立体感が生まれます。

“Poralize”はその名の通り、ポラロイドカメラ風に撮影出来るアプリです
大きく、色カブリを起こし、解像感を低下させ、周辺光量を劣化させるという加工して、ポラロイドフィルム風の”枠”を付け加えるAppです

ちなみにこれらのiPhone appはなんと無料!なんですよダンナ

更にAppStoreからダウンロード出来るその他有料のカメラコントロールソフトや、写真加工ソフトを組み合わせると、iPhone 3GSは、カメラの撮影から現像、そして、写真共有まで様々な機能を無限に実装出来ることになるのです

つまりiPhone 3GSはカメラのソフトウエアをオープンにした、初めてのカメラ。。。と言えるのでは無いでしょうか?

そこで、こんなニュース。
iPhod touch / iPod nano にカメラが搭載されるのが確実になりそうです。。。。

Appleが近いうちに発表すると目されている音楽プレーヤー「iPod touch」の新モデルに、動画撮影に対応したカメラが搭載される可能性があることが明らかになりました。

 「iPod touch」のユーザーがAppleに要望している機能の1つにカメラがある。報道によると、この願いはかなえられそうだ。

また、iPhone 3GSは動画撮影も、携帯カメラとは思えないクオリティです

iPhone 3GSを手にしたユーザーなら誰でもこんな小さなデバイスに詰め込まれたビデオ機能に大いに感心するはずだ。準HD画質のビデオ録画ができるだけでなく、簡単な編集もできる。携帯ネットワークあるいはWiFiから、YouTubeにアップロードも可能だ。iPhone 3GSは世界でもっとも役に立つビデオカメラだといってよい。ビデオカメラ市場が震撼したのも当然だ。

iPhoneはジョブズが宣言したように、これまでの携帯電話を本当に変えてしまいそうなインパクトある製品で、これまで端末の主導権をキャリアからAppleが奪ってしまうとういパラダイムシフトを起こし始めているのです

そして、それと同様に、iPhone/iPodのカメラは、もしかしたらカメラの考え方を変えてしまうガジェットになる可能性を感じます。

私が欲しいカメラカメラは、筐体とレンズとイメージセンサーがあり、DNGなどのRAWフォーマットで撮影する最低限の機能を備えていること、そして、カメラのメカ制御や、現像処理は、ユーザが自由に開発したソフトをインストールすることが出来るカメラ。
そんなカメラを作るメーカーは出てくるのでしょうか?

一番の可能性を感じたのはオリンパスとパナソニックが提唱するフォーサーズ/マイクロフォーサーズのカメラ。
それは、レンズとイメージセンサ?の規格がオープンだということ。

更に、ソフトまでオープンにしていただいて、これにiPhone OSを組み合わせたら凄いものが出来そうなんて妄想
レンズはオリンパス、ボディは、パナソニック、現像ソフトはDxOなんて

カメラメーカーさん、そろそろ自前でソフト作るの限界なんじゃないですか?って言って見るテストm(_._)m

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る