Appleが自動車を再定義するなら。。。iMo ←イモ?(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

来年のMacWorldにもしジョブズ氏が登場していたなら、こんな製品をプレゼンテーションして、会場なスタンディングオベーションになっていたかもしれません。

ということで、iMoはAppleとまったく関係無い英国コベントリー大学で自動車デザインの修士課程に在籍するAnthony Jannarelly氏が考案したものだそうです。

丸くてキュートなボディはスケルトンのiMacをリスペクトしたと思われ、ちょっと古い感じがしないでも無いですが(^^;;ジョブズ氏も入れ込んでいた、セグウェイのコンセプトとコラボレーションしている感じで、仮にApple、いやジョブズ氏がクルマを再定義していたなら・・・・と雰囲気は出ていると思います。

個人的には、これにホースを付けると掃除機にも見えるので、Appleは似たデザインで、掃除機を再定義する、iClean・・・なんて製品出して、Appleも本格的に白モノ家電参入されるも良いのでは無いかと思いますがいかでしょうか?

ちなみにコンセプトカー?の出力は60Wとめちゃめちゃエコですが、掃除機で吸い込み仕事量60Wっていうと簡易タイプくらにの出力なので、せめて600Wくらいにしないと・・・;;;^^)

ネタ元はこちら

iMoは正式なApple社の製品ではない。また、製品ページでは、これは2024年にリリース予定の100%自律型ロボットだとうたっているが、今のところこれは実在しない。iMoは、英国コベントリー大学で自動車デザインの修士課程に在籍するAnthony Jannarelly氏が考案したものだ。自分が自動車デザインの学生だったらよかったのに、とつい思ってしまうような種類のプロジェクトと言えるだろう。

No, Steve Jobs has not made the decision to expand Apple’s portfolio with cars – at least not yet. Despite the Apple logos, the iMo is an independent study for a future robotic car that was created by Anthony Jannarelly, a French designer with an MA in automotive design at Britain’s Coventry University. The extremely compact 2+1 seater with the bubbly design borrows several styling cues from various Apple products. It is fully automated and according to is designer, it’s intelligent enough to drive and park all by itself – where’s the fun in that?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る