フランスGP予選終了!中盤はシャッフルな結果

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

F1フランスGPの予選が終了しています。
注目は地元ルノーのアロンソとピケ。アロンソはトップに肉薄出来るのでしょうか?ピケはアロンソに肉薄出来るのでしょうか?
そして、ポイントリーダーでフランスGPを迎えたのは、BMWのクビサ。
カナダではポーランド人初の表彰台の頂点に立った男はフランスでどでくらい活躍出来るのでしょうか?

結果はフェラーリのライコネンがポールポジション、マッサが2位、ハミルトンが3位と、順等な結果に落ち着きましたが、、、

フランスGPのポールポジションは、フェラーリ・チームのキミ・ライコネンが獲得した。
自身通算16回目、今季はスペインGPに続いて2度目ということになる。

それ以降はなかなか面白い結果です。

F1 第8戦フランスGP -RIJ- (2007-06-21) Qualifying-Session
2006 FIA F1 World Championship Rd.8 マニクール・サーキット(FRA):4.411km

4位のアロンソ、やはり意地を見せてきました。。。このままのパフォーマンスを決勝でも発揮すると表彰台も現実的ですね、、、

5位は、何と!トヨタのトゥルーリーがやってきました。BMWのクビサを押さえた驚きの結果です。
そのクビサはマクラーレンのコバライネンの後の7位、今回BMWはちょっと勢いを失ったのでしょうか?

そして、その後8,9位に続くのは、2台のレッドブル。2台そろってですから、マシンのパフォーマンスはBMW、トヨタ、ルノーより上かもしれません。

10位のグロッグは今回もトゥルーリーに水を開けられました。
11位のピケは今回も残念、、、、いろいろ批判の声が高まる中、決勝はジャンプアップの必要が有りですね。
12位、BMWのハイドフェルド、、、増々元気無いですね〜心配です。
13,14は2台並んでトロロッソ、、、少しずつ順位上がって来ています、、、買収話をよそになかなか頑張っていますね、、、
15、16はウィリアムズトヨタ、、、ロズベルグ、中嶋さんとも残念ですね、、、
そして、17、18位、、、こともあろうか、ホンダがこの位置に2台とも沈んでしまいした、、、2008年は捨てているからなのでしょうか。それにしてもあまりにもひどい順位です、、、これじゃスーパーアグリを切った意味ありません、、、、

ということで、今回は、トヨタ、レッドブル、トロロッソが頑張った予選結果となりました。
その代わりBMWが元気無く、ホンダ、ウィリアムズ、は本来の順位大きくを失ってしまいました、、、、
決勝は、ハミルトン、ロズベルグが10番グリッド降格となります。
このままだと、フェラーリ独走か?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る