RICOH R8触ってきました

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

昨日はリコー R8の発売日、GRD2ユーザとしてもとても気になるリコーR8、触ってきました。

まず何と言っても気になるのはそのデザイン。
ブラックはGRD2やGX100と並べても遜色無い存在感、、、というか、その中でも一番シンプルで、他の2機種が思わず気構えする存在なのに対して、R8はすぐに触って写真を撮りたくなるそんなデザインでした。
シルバーモデルの方もよく見るとグリップがダークブラウンと、リコーの細かい拘りを感じるところで、ちょっとクラシカルな雰囲気、どちらのモデルを買うべきか迷っちゃいそうですね。

起動は、リコーのデジカメに共通するのはそのクイックさ、GX100のようにレンズ繰り出し音も無く、逆にちょっと寂しいくらい(^^;;;

プロカメラマン田中さんのブログでも、、、

R8の電源スイッチをONにしたときも、また、「おっ」と言ったまましばらく”固ま”った。あの例の「キャプリオ・サウンド」がしない。

そして28mmから200mmのズーミングもタイムラグ無く決まりとても気持ちが良いです。
シンプルに整理れた、ボタンやレバーの操作感も気に入りました。
撮影モードはプログラムモードだけという割り切りも逆に好感持てました。
電源ONにして絞りや露出補正なんか気にすることなくカメラ任せですぐに撮影するのはGRD2と使い分けできそうですね。

そしてR8の画質もネットの情報を見る限りおおむね評判が良いようです。
デザイン良し、操作感良し、画質良し、3拍子そろったリコーのR8ですが、悩みはブラックとシルバーのどちらを買うべきかってことくらいでしょうか?(^^;;;

んで、お値段もちょっと安くなれば;;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る