F1中嶋さん得したペナルティと残念なペナルティ

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

大波乱で終了したF1開幕戦オーストラリアGP。見事、中嶋一貴さん、7位でフィニッシュしまし、2ポイント獲得!という嬉しい結果となりましたが、それよりも前にフィニッシュしたホンダのバリチェロさんが何と失格。

オーストラリアGPのレーススチュワードは、ルーベンス・バリチェロをピットレーン出口の信号無視で失格とした。

ホンダ・チームのルーベンス・バリチェッロについて、レース結果(6位)から除外することを決定、通知した。

ペナルティを受けた内容は、予選時にレッドシグナルを無視してコースインしたことにより、予選無効とのことです。

よって中嶋一貴さんの、オーストラリアGPのリザルトは1つ順位を上げ6位ということになりました。
よって3ポイント獲得!よかったですがっ、一方、中嶋さんご本人もペナルティ対象に。

セーフティーカー出動中にロベルト・クビサのリアに追突したため、ペナルティを受けることとなった。

オーストラリアGPで6位入賞を果たしたウィリアムズ・チームの中嶋一貴(23歳)だが、レース後スチュワードからアクシデントに関し、ペナルティを科せられた

予選2位と期待が大きかったBMWにクビサに追突、クビサさん残念でしたが、その分中嶋さんは次戦マレーシアでは10グリッド降格という厳しいペナルティです。
次も厳しいスタートになりますが是非とも上位目指して頑張ってください。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る