英国名門新聞タイム紙がF1中嶋一貴をかなり評価

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

今期開幕戦、ウイリアムズトヨタからF1フル参戦デビューを果たした、中嶋一貴さんの記事を掲載。
何と「ダイヤの原石」と最高評価。

第1戦・豪州GP(メルボルン、アルバートパーク・サーキット)で開幕。日本初の”二世ドライバー”である中嶋一貴(23)=ウイリアムズ=がフル参戦デビューする。目標は「毎戦入賞」。今季初戦でいきなり、自身初の入賞を狙う。

中嶋さん自身もそうですが、今期のウィリアムズはテストからかなりの好調を見せています。

正しい次期に正しい体制でF1に参戦することが出来た、中嶋一貴さん。
これまでの日本人F1ドライバーで、この条件を満たしてF1を戦い始めた方はいませんでした。
ヤングドライバープログラムで育ち、GP2を戦い、トップチームでF1デビューを果たした、中嶋一貴さんこれから日本人の期待を背負っていく最も有力なドライバーですね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る