AppleはKYだけど尊敬されている

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Appleはその革新的で、デザイン抜群な製品を連発し、iTunesでのビジネスモデルも大成功、アメリカで最も尊敬される会社にまでなっちゃったそうです。

iPodやiPhoneなど、革新的な製品の投入が評価された。4位にはGoogleもランクインしている。

そして最も尊敬される会社にどうやってなったのか?それは、「空気を読まない」ことで、企業のアイデンティティを高めて言ったというコラムが面白い。

Macのハードウェア構成にはアップル(あるいはCEOであるスティーブ・ジョブズ氏)の哲学のようなものが反映されており、他者/他社との協調よりも優先される。今風の言葉で表すと、アップルは”空気を読まない”会社だ

但し、iPhoneの日本発売への期待の空気は是非読んで欲しいものですが、、、;;;^^)

ということでそんなKYなスティーブ・ジョブズ氏あっての現在のAppleの繁栄なのですが、それだけに、あとどれくらいジョブズ氏がAppleに君臨する日が続くのでしょうか興味があるところです。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る