実は大人げなかったシューマッハw

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

フェラーリF2008でのライコネン.v.s.シューマッハ、ライコネンが僅差で勝利。まぁ順当だったねって平和に終わろうとしていたのですが、当のシューマッハは納得いかなかったようです。

新型車『F2008』をドライブするのも初となったバルセロナ合同テストでのミハエル・シューマッハ(フェラーリ)だったが、これまた初となったキミ・ライコネンとの対決に「差別待遇」があったということで、不満の表情を隠さなかった。

同じパーツで走りたいという気持ちは判りますが、フェラーリの一番の目標は今年もライコネンをチャンピオンにすること、このシューマッハ不満報道もメディアが盛り上げていることなんでしょうか?

で、一方で気になるのはフェラーリのセカンド?ドライバー、マッサの話題無いってことですね。
昨年のシーズン前テストではライコネンを上回るタイムを連発して、メディアからはライコネン危うし論まで発展していた訳ですが、ことしはさっぱり音沙汰無しですね。

とにかくメディアからも注目の的のフェラーリで、どうしても誇張表現になりがちというkとで、こんな話題も、、、

「メディアの中には、われわれのマシンが開幕のメルボルンでレースを席巻する、などと書いている所もあるようだが、それは過大評価というものだ。

速い時も遅い時も書きたてられるフェラーリ。
はやり人気者なんですよね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

One thought on “実は大人げなかったシューマッハw

Comments are closed.