iPod .v.s. Walkman だ

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Walkmanピンチ!と思われてきた携帯音楽プレイヤーのシェアですが、ここにきて復活、そしてiPodととうとう直接対決の場に持ち込んでいるようです。

新商品攻勢「iPod」X動画対応「ウォークマン」
 携帯音楽プレーヤーの国内市場で、”元祖”のソニー「ウォークマン」と新王者のアップル「iPod(アイポッド)」の対決が激しさを増している。

Apple Store(Japan)
Sony Style(ソニースタイル)

ウォークマンの強みは日本市場に特化した製品が開発できること。
ワンセグなんて、グローバルなiPodでは期待できない機能ですね。
また、高音質イヤホンの投入などや、処理の高音質化による、音質へのアピールやノイズキャンセリング機能など細かい配慮もウォークマンならでは。
また、AACやMP3を始めとしたライバルとなる音楽フォーマットへの対応もウォークマンが人気出ている原因と思います。

それを迎え撃つiPodの強みはなんと言ってもiTunesということでしょう。
そして、製品ラインに明確な差別化がされていることで、
iPod classicはとにかく大容量の音楽ライブラリや動画を全部持ち歩きたい人
iPod nanoはセレクトしたお気に入りのアルバムと動画を持ち歩きたい人
iPod shuffleは音楽に特化し、偶然性として曲をランダムに楽しみたい人(私がそうです)
iPod touchは音楽専用プレイヤーというより、ネット端末でありある意味PDAであること。

現在日本ではiPodが50%以上、ウォークマンが、30%以上ということですが、違うアプローチをしている2つのブランド、今後50:50くらいになるんでしょうか。
とにかく、単純にMP3ファイルを再生できる携帯音楽プレイヤーの未来は無いことは明らかなようですね。

日本人としては、日本発のブランドであるwalkmanが復活したのは嬉しい限りです。って私はiPod shuffleで大満足なんですが;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る