リコーGX100の実写&スパタさんの2連

スポンサードリンク

いまネット界でもいろいろ話題のリコーGX100
MYCOMさまのロングなレビューですよ。

【レビュー】リコー「Caplio GX100」実写インプレッション (1) 24mmからはじまる光学3倍ズーム | 家電 | マイコミジャーナル

・ビューファインダー、あまり見やすくはなかった。でもまわりが明るくて液晶モニターが見づらいときは役に立つ。
・背面の液晶モニターもそれほど見やすい感じはしなかった。
・バッテリーの持ちは良く、1日の撮影なら充分持つ。
・操作性は一眼レフを使っている人でも戸惑わない。
・「レンズキャップを外してください」忘れる。
・ステップアップズーム機能は単焦点レンズを付けかえながら撮影している感覚になる。
・インスピレーションをかき立てるカメラ。
・歪曲は若干起きるものの、いやらしい歪み方はしない。
・マクロ撮影では、葉脈や茎の細かい毛まで描写できた。
・開放出る色にじみがは、あまり気にならなかった。
・手ブレ補正も優秀
・色はGRと比べると落ち着いて、現実の色を忠実に再現する考え方のようだ。
・ちょっとAEに不安定さを感じる
・画質は低価格の一眼より好ましい。
・るい被写体は白飛びしやすい傾向がある
・高感度時のノイズがかなり多い
・高感度になるほど像が明るく撮影されてしまった。
・銀塩マニュアルカメラに近い
・レンズはいい。イヤな色にじみなどはほとんど見られず、描写力も高い。
・噛めば噛むほど味の出てくるスルメのようなカメラ

とのことです。

またスパタさんもGX100をレビュー

スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」 広角24mmのオールマイティなコンパクトデジカメ「Caplio GX100」

・ザイン・質感としては大人っぽくて良い。
・GR DIGITALと比較しちゃうと、若干安っぽく見える
・画質はクリアだがやや暗い状況下、被写体の暗部がザラつくという印象は残る。
・多くのケースでディテイルまでシャープに描写
・発色は至ってナチュラルな発色になる。
・ボタン配置にムラがあるような気もした。
・手ブレ補正機能をオンでシャッター半押し前後で、画面表示がやや下にシフトする
・どう考えてもヤなのがレンズキャップ。
・ビューファインダー。こ見づらさと可動範囲の狭さで、便利だと感じられない。
・広角レンズファンなら、一度触れてみるといい

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

One thought on “リコーGX100の実写&スパタさんの2連

Comments are closed.