リコー Caplio GX100レビュー記事

スポンサードリンク

Impressさまに 24mm広角ズームの高級コンパクトデジタルカメラ、リコー Caplio GX100 のレビュー記事がアップされました。

【新製品レビュー】リコー Caplio GX100

このカメラ、実は私も狙っているのですが、某巨大掲示板や、kakakuの掲示板を見るとちょとひいちゃうんですよね?
どうしましょ(^^;;;

ということで、Impress様のレビュー記事ですが、、、、

・24mmとなると逆にちょっと広角過ぎて使いこなしが難しいレベル
・広角特有の歪みが素直に出る。
・超広角といってもいい画角は、撮っていて楽しくなること請け合い
・ワイドコンバージョンレンズDW-6を装着することで19mmという超広角は唯一無二の存在
・GR DIGITALがレンズバリアを採用していたので惜しい。
・広角に強いぶん、望遠側の焦点距離が物足りない
・ADJ.レバーは、回転式と比べるとやや操作性が犠牲になった。
・ビューファインダーは追従性も良く、明るく見やすいが、細かいピント合わせを行なえるレベルではない。
・外光が明るすぎて液晶モニターが見えにくいときにも、EVFは役に立つ。
・撮影画像サイズ特に1:1が面白い。
・オートISO感度の場合、最低感度のISO64はなぜか選択されず、ISO100以上
・画質を重視するならISO400ぐらいまでで止めておきたい
・CCDシフト方式の手ブレ補正機能の効果は2段分程度で、やや弱め
・便利なのはモードダイヤルに用意された2種類のマイセッティング。
・RAW利用時、パナソニックのPRO HIGH-SPEED 2GBで約6秒ほど
・AF動作時や光学ズームの動作音は相変わらず、特に速くもない

ということです。


スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト