F1可動フロアパネル問題規則化か

スポンサードリンク

メルセデスマクラーレンは今期絶好調のpフェラーリ&BMWに対して、床がたわんでるから速いじゃないの??って文句言ってましたが、FIAが正式に動き始めました。

FMotorsports F1: FIA、可動フロアパネルの検査強化へ

たわみを計測する際に掛ける重力を、現在の500ニュートンから4倍の2,000ニュートンにまで増加させるとのことです。
つまり、約50kgのおもりで計測してたのを、約200kgにするってことですね。

ところで、フロアパネルに加重をかけるってどうやって計測するのでしょうね?
錘をつるすフックなんてものがあるのでしょうか?
フックがあったとしてもそこだけピンポイントで強化されちゃうと正しい計測できないでしょうから、フロアパネル全体に重力を掛けないと正しい計測が出来ないような気がするのですが、、、、

ということで、計測開始の後フェラーリとBMWはその影響は出てくるのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト