nano v.s. A

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

タイミングを合わせたかのように、、、

Yahoo!ニュース – ITmediaライフスタイル – ソニー、復活“ウォークマン”「Aシリーズ」発表

ITmedia D LifeStyle:ソニー、復活“ウォークマン”「Aシリーズ」発表

「古き良き時代はもう来ない」–ソニー、新ウォークマン発表 – CNET Japan

それとも偶然に発表タイミングが合っただけ?

これまで「HDDウォークマン」「ネットワークウォークマン」などさまざまな言い方がされてきたが、今回より「ウォークマン」と名称に統一した。名称を決めるにあたって、社内では、ウォークマンというネーミングは古いのではないかという議論もあったという。しかし、ライフスタイルなどに大きな影響力を与えてきた「ウォークマン」のブランド名を原点として、甦らせることを決意。「古き良き時代はもう来ない」(辻野氏)と覚悟を決め、「商品をゼロから見直し、こだわった自信作」と力強くアピールした。

SONY様の“売り”はウォークマンブランド復活!、ユーザーの好みに合わせて進化ということらしいです。

最近のSONY様連続して、何種類いかの携帯音楽プレイヤー発表されていますが、“それぞれ違う”SONYらしい良いデザインだと思います。

一方、iPodの方もmini、photo、shuffle、nanoとバリエーション展開していますが、どれを見ても明らかに“iPod”と判るデザイン。

車で言えば日本車が様々なデザインで、広い客層をカバーするのに大して、ドイツ車はクラス間、更には世代間を見てもそのブランドをデザインとして表現してる、、、というのに似ています。

さて、同時に発表してiPodと新Walkmanどっちが勝つのでしょうか!!??
勝ち負けという言葉では判断できないと思いますが、、、

追記–

iPod情報局: 競合が“カラフル”ならiPod nanoはあえてモノトーンで

「最近は競合にカラフルなプレーヤーがたくさん登場してきたからこそ、iPod nanoはあえてシンプルにした」

価格を比較しても、今のところAppleの方が“先読み”してるのかな?、、、、;;;^^)

過去のエントリより

246log: SONYが変わって行く?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る