F1第一戦、面白かった?かも、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

メルボルンでのF1第一戦終了しましたね!
予選は大混乱、、、
フィジケラ感動の優勝!結果、今年の流れはルノーに???

という感じ濃厚ですが、バリチェロの2位も忘れてはいけません、、、、
2004仕様のマシンで、テスト不足で不利と言われたブリジストンタイヤで着実に2位ですからね!
レースに“もし”はありませんが、シューマッハがちゃんと予選走れたら、、、、

とにかく、予選を2日に分けるというのはかなりの1日目と2日目ではまったく レースコンディションが違い、不確定要素となるというのが判りましたよね!
また、2戦目以降はフレッシュなエンジン(シュマッハは次回フレッシュエンジン?)と1戦使った古いエンジンのマシンが並びます。
ということで昨年は同じ色のマシン同士が連続しれグリッドに並ぶパターンが多かったのですが今年は、予選結果が様々な要因で変化することでしょう。

で、結果も含めていろんな人にチャンスが廻ってくるというのは一見面白そうですが、実際テレビで見た予選?レース展開はかなり疑問を感じました。
予選は昨年からの順次スタート方式ですが、F1という最高峰のドライバーの戦いの舞台ではかつてのような、時間内に自由に走る形式の方が絶対面白い!と思います。
かつて予選は終わるまでまったく目が離せませんでした。
予選終盤にさしかかって誰かがいきなり驚異的タイムを出す。たたき出したのを見ると、それまでピットでスタンバイしていたライバルがそれを目標に全開アタック!、、、、なんてドラマがありました。
またレースも、特に解説を聞いていると、ルマン耐久のような話ばかり、、、、、
タイヤを序盤に温存、できるだけ優しいドライビング、とか、エンジンは2レースの耐久性が、とか、、、、
そんな話は聞きたくなくって、F1はメーカー選手権ではなく、世界最高のドライバーズ選手権なのですから、求めているのは見ていてわくわくドキドキするモータスポーツの格闘技ではないかと、、、、
タイヤも燃料も好きなだけ交換してベストな状況で最高の早さで走らせるドライビングを見たいっす!

現場の方々も批判的な意見も多いようですね!
Nifty F1: March 2005 バックナンバー
Nifty F1: March 2005 バックナンバー
Yahoo! Formula 1 ニュース AUTOSPORT web

とにかく選手権のポイント争いは面白くなりそうですが、もう少しスリルがあるF1を見たいですね!
特に佐藤琢磨さんは昨年最もエキサイティングなドライバとしてスタイルを確立しましたが、今年もレギュレーションの縛りに負けないで頑張ってね!

ちなみに、今回は波乱の予選と結果のお陰で、ルノー以外のトップチームの本当の早さが比較出来ていません。
次回は、本当に早いのはどれだ!というのがキーワードかもしれませんね!

とにかく、次回も楽しみです(^^;;;;

こちらで詳しい情報が見れます
@nifty:モータースポーツ:F1ニュース

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る