東京モーター賞

スポンサードリンク

今年も行ってきました。目指すはAlfa8Cです。グッジョブ!ってかんじでした(笑)
んで、モータショウってもうマンネリ傾向もありますよね。メーカーによっては非現実的なコンセプトモデルを出したりしてるんですが、皆様そんなものにはもう興味ないような雰囲気でした。それよりも目先に出るニューモデルやF1が一番人だかりがあったようです。

で、ここ最近の傾向ですが車ブースではキヤンギャルが少なくなってきたというか落ち着いてきたような気がします。一方タイヤメーカはどれもこれも超ハデなキャンギャルで勝負してました!ダンロップのデジっ娘を始め、どのメーカーもステージを設けてライブしてました!ミシュランでさえもキャンギャル総動員!(笑)まぁ展示できるものが黒いゴムの塊しかありませんから、キャンギャルがいないと超ジミになったしまう筈ですのでしょうがないですね!
車のブースに話しを戻すと、輸入車メーカーは優良顧客の囲い込みというか、差別化というか、ブースに2階席を設けて(入り口には鎖、笑)招待状を持っている方はお茶して下さいってパターンが多かったです。私の友人がちょうどポルシェの新車を購入したということでそのパターンでコーヒーいただきました。ポルシェブースのVIP席?はなんだかお金を持っている方々のにほひでぷんぷんしてました(笑)
ということで、マンネリ化していながら微妙に様子も変わっているモーターショウですが、バイクの方はぜんぜん活気がありませんでしたが、ヤマハのブースは全体をアートギャラリーに見立てた構成で、今回の東京モーターショウのなかでもいちばん際立った内容でした。(おいら個人的にがヤマハが一等賞。。。)
また別途HPで様子をアップします!

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト