InstagramでWeb埋め込みHTMLコードが発行出来るようになった!

スポンサードリンク

Instagramにembededコードを発行機能が追加されたそうです。

Facebookが所有するアプリケーションで、1億3000万人を超えるアクティブユーザーを持つInstagramは米国時間7月10日、写真や動画のウェブ埋め込み機能を追加するアップデートを実施したと発表した。サービスには新たに共有ボタンが追加され、クリック1つで埋め込み用のコードをコピーできる。このコードをウェブサイトやブログに貼り付けると、そこでInstagramのコンテンツを共有できる。この新機能は投稿された写真や動画のページからアクセス可能だ。

Via : Instagram、写真や動画のウェブ埋め込みが可能に – CNET Japan

早速、Webでアクセスすると、右端にボタンが追加されていました。

iframeで画像を貼り付けるようです。

早速。貼りつけた写真がこんな感じ。

結構高解像度で貼り付けることが出来るんですねー。。。

同様な機能は、FlickrやPicasaWebアルバム(Google+では出来ない)で使っていましたが、特にiPhoneで撮影した画像はInstagramに投げておくと、後でカンタンにブログネタに出来るようになるのが良いですね!

これは使える!


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です