F1のV6ターボエンジン2018年までに設計凍結

スポンサードリンク

来季からF1は1600ccターボエンジンに総入れ替えになりますが、そのエンジンは2018年までに段階的に凍結されるという方針がFIAから出るようです。

現行のV8エンジンは、コスト管理を目的として数年前に開発が凍結されたが、2014年から導入されるV6ターボエンジンも2018年までに段階的に“凍結”が導入されると Auto Motor und Sport が報じた。

Via : F1:V6ターボエンジンを2018年までに“凍結”との報道 【 F1-Gate.com 】

ホンダは2015年から参戦することになりますが、段階的に凍結されるとなると、それ以降にエンジンサプライヤーとしての参戦は事実上不可能ということになりそうですね。

フォードなどがF1参戦という噂も流れています。
このエンジン凍結案がきっかけとなって2015年には駆け込み参戦のメーカーが現れるかもしれませんね。

フォードが2014年のV6ルール導入後にF1復帰する可能性があるとドイツ誌『Speed Week(スピード・ウイーク)』が報じた。

Via : フォードにF1復帰のうわさ | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です