Appleが“無料”のiRadioサービス発表??

スポンサードリンク

アップルが6月10日のWWDCでiRadio発表するという情報が流れています。

AppleとWarner Music Groupの交渉に詳しい情報筋によると、Appleは米国時間6月2日、Warner Music Groupと同社出版部門Warner Chappellの両方とライセンシング契約を締結し、Appleの無料インターネットラジオ製品は一気に発表に近づいたという。

Via : 朝日新聞デジタル:[CNET Japan] アップル、「iRadio」発表に向けワーナーミュージックと契約締結か – CNET Japan(提供:朝日インタラクティブ) – テック&サイエンス

『iRadio』はインターネットラジオ「Pandora」に似たサービスで、パーソナライズ機能や楽曲の早送りや巻き戻り、楽曲のスキップなどが備わる見通し。New York Timesでは広告により運営され無料サービスになる可能性も伝えています。

Via : Appleの音楽聴き放題サービス『iRadio』は6/10発表か | タブクル

無料で音楽聞き放題というサービスになるようですが、おそらく気に入った音楽を直接iTunesで購入出来るんでしょうね。
ワーナーと交渉しているそうですが、日本での即日サービス開始は難しいかな?
でも期待出来るサービスですね。

Worldwide Developers Conference(WWDC)2013では、ソフトウェアに関する発表が多く、ハードウェアに関するものは比較的少ないと予想されるが、Appleが次の目玉製品を発表する可能性もないわけではない。それがラジオということはあり得るだろうか?時計を発表するということは?あるいは、Appleがサプライチェーンにおける情報リーク体質をたたき直し、まったく新しく、予想もされていなかった製品を持ち出す可能性はあるだろうか?

Via : アップルのWWDC 2013開催目前、期待の発表内容を予想 – CNET Japan

一方、iWatchが出るという噂が流れていましたが、フタを開けて見ると、iRadio=iWatchだったりすると面白いですね。
アップルはリストに装着する世界初のラジオを発明。。。。ということになるかもしれません。

更には、TVセットトップボックスも発表するというウワサも。。。。

Appleブランドのテレビが、この時期に出てくることは予想されていない。利益は短期的なものになるだろうし、テレビは買い換え頻度が高くないことを考えると、Appleがやりそうなことは、より幅広い層にアピールする準備のために、アプリベースのApple TVセットトップボックスに、開発者を集め始めるといったところだろう。

Via : アップルのWWDC 2013開催目前、期待の発表内容を予想 – (page 12) – CNET Japan

ラジオとテレビと腕時計、ますますアップルは生活に入り込んで来ることになりそうです。


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です