PicasaがGoogle+にリダイレクトされ始めているということは・・・

スポンサードリンク

少し前からPicasa WebにアクセスするとGoogle+にリダイレクトされるようになっています。

一応Webを検索するとその回避方法がすぐに見つかりました。
URLにnoredirect=1のパラメータを追加しておくことで、google+へのリダイレクトを防ぐことが出来るということです。

https://picasaweb.google.com/lh/myphotos?noredirect=1

がしかし、心配なのはGoogleが頻繁に、自社のサービスを整理統合、あるいは廃止することを行なっていますので、今後Picasaもその対象になるのでしょうか?・・・・

もしそうならこれは死活問題(^^;;
というのも、Picasaにはブログに写真を埋め込む為のembeddedコードや、アルバムスライドショーのスクリプトコードを発行してくれる機能があるのですが、それはGoogle+の写真機能にはありません。

更にPicasaが素晴らしかったのは、2000ピクセル以内の画像をアップロードしても、Googleの無料ストレージとしてカウントされないということ。
更に更に、Google+とPicasaは連携していますので、Google+経由で写真をアップすると、Picasaにアルバムが自動的に作成され画像は自動的に圧縮されますので、2000ピクセル制限を意識しないでもGoogleの無料ストレージ容量としてカウントされないということです。

つまり、スマホ、MacやPCからgoogle+に写真や画像をアップしておくと、いつでもBlog記事に使えるようになっていたということです。

ちなみに、ブログ用のembeddedコードを発行してくれるサービスとしては、Flickrやフォト蔵もありますが、これらは作品としての写真が集まるサイトとして使っていますので、ブログ記事用の画像保存庫としてはちょっと違うんですよね。

もともと、Googleに画像を預けるのは“安心感”というのがあったのですが、まさかPicasaが無くなりそう・・・・というのはちょっと計算外でした(^^;

GoogleさんにはPicasaを無くさないで欲しい。。。。と切にお願いするだけです。。。。
Google+の写真ギャラリーにembeddedコード機能を追加してくれても良いのですが。。。。

お願いしますm(_._)m


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です