連続二冠で「伝説になった」ウサイン・ボルトがニコンのカメラを奪って伝説となる写真を撮影

スポンサードリンク

ロンドンオリンピックの陸上200m決勝で伝説の金メダルを決めた、ウサイン・ボルトさんが持っているのは何と一眼レフカメラ

実はこのカメラ、ロンドンオリンピックを取材していたスウェーデン最大の新聞Aftonbladet紙のフォトグラファーJimmy Wixtröm氏から奪った貸してもらったニコンのデジタル一眼レフカメラなのです。

この人のカメラですw

でこのウサイン・ボルトさんがこのカメラで撮影した写真がこちら

なかなか良い写真じゃないですかっ!w
というか、これらの写真はどんなカメラマンでも撮ることが出来ない、伝説となった人だからこそこの画像を撮れるワケで、正にこの写真も伝説の証拠ということですね。

そして、カメラを貸したカメラマンさんとの記念写真も!
このカメラマンのJimmy Wixtrömさんも伝説の一部としてオリンピック史上に残るワケですから、なんとラッキーな方なんでしょうか!おめでとうございます!!

但し、一番喜んでいるのはニコン様もかも;;;^^)


スポンサードリンク

アマゾン


2 thoughts on “連続二冠で「伝説になった」ウサイン・ボルトがニコンのカメラを奪って伝説となる写真を撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です