iPhone カメラアプリ最高峰!「645 PRO」が 250円で凄いので早速買ってみた

スポンサードリンク

iPhoneのカメラのRAW出力(TIFF)に対応したカメラアプリ「645 PRO – Michael Hardaker」がリリースされたので、早速購入してみました。

で、純正iPhoneカメラアプリに対して何が凄いかというと・・・・

  • JPEG出力の圧縮率が選択出来る(勿論より低圧縮に出来る)
  • dRAW – TIFF出力が出来る。(但しiTunes経由でMacやPCで取得出来る)
  • AEロック(これは欲しかった!)
  • AFロック
  • マニュアルホワイトバランス(マニュアルで設定出来る!)
  • 縦横比率の選択が可能(6:17、6:9、6:4.5、6:7、6:6)
  • フィルムシミュレーションモード
  • シャッタースピード表示(これはブレ防止に助かる)
  • ISO表示(絶対表示して欲しいよね)
  • ナイトモードのOn/Off表示(iPhoneは1/15になるとISOブーストされる)
  • ヒストグラム表示(これは素晴らしい〜)
  • セルフタイマー(時間の変更も可能)
  • グリッド表示パターンの選択
  • 電子水準器の表示(これ最高!!)
  • マルチゾーン/スポット測光の切り替え

でフィルムシミュレーションモードの種類はこんな感じ

  • F4 繊細で階調豊かなモノクロ
  • H5 ハイコントラスト、粒状感のあるモノクロ
  • T3 クラシック、中庸、中コントラスト モノクロ
  • C42 階調豊かなカラープリント
  • E6K カラーが抜けた感じ
  • FC5 リッチで高彩度な色、風景写真に向く
  • K14 暖かいカラー、締まった黒

ということで、カメラ好きの方には夢のようなアプリだと思いますが、価格はたったw250円というかなりお買い得感があります

645 PRO - Michael Hardaker←ダウンロード

ということで、試写したらサンプルイメージアップしてみますね!


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です