Nikon D4が発表サンプルイメージや動画も

スポンサードリンク

先週末ニコンのフラッグシップ一眼レフカメラ Nikon D4が発表されました。

こちらはプロダクトツアー動画

フルサイズ1600万画素とD3xが2400万画素より画素数をあえて減らして(別に高解像度モデルの噂もある)高感度と連射性能を向上させるのは、キヤノン EOS-1D Xと同様のコンセプトです。

ニコンとキヤノンという一眼レフの2大メーカーが同時に画素数を向上させない製品を出したのは興味深いですね〜

ということで、早速Niko D4の感度別イメージがアップされているサイトを発見しました。

通常モードでISO12800でもノイズ感が殆ど感じられない素晴らしい高感度性能です。
ISO204800という超超高感度でも撮影出来るので、夜のパパラッチ撮影で(ry

また、同日ソニーが発表したXQDメモリカードにいち早く対応したのも注目です。
XQDはコンパクトフラッシュカードの後継ということで、プロ用途向けの耐久性と高速性を求めた仕様になっているそうです。
膨大な写真を撮影されるスポーツや報道向けカメラマンの方が、いち早く写真をPCにコピーする時に威力を発揮しそうです。

おとといお伝えしたNikon D4ですが、噂通り本日発表されました。

Via : 【速報】来たよ、ついに。Nikon D4がお披露目されました。(動画あり) : ギズモード・ジャパン

更に、D4は動画撮影にもより重点が置かれたカメラになっているようです。
特に、ステレオヘッドホン端子を備えたことが、映像関係者の方にとってはちょっとした話題になっているようです。

ニコン D4で撮影した HD D-Movie のサンプル動画がYouTubeにアップされています。

Via : Nikon D4で撮影されたプロモーション動画 | YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com

早速Nikon D4で撮影した、D-Movieのサンプル動画がアップされています

動画一眼レフと言えば、キヤノンEOS 5D mark IIですが、この分野でもニコンはキヤノンと同様の方向性を注入して来たのも興味深いポイントですね。

で、Nikon D4の価格ですが・・・・

とキヤノン アマゾンではEOS-1D Xより少し高めに設定されていますが、実売はどちらも60万円弱の価格になるようです。

ニコンD4の発売は2月に対して、キヤノン EOS 1D Xの発売は4月。こちらはニコンが後に発表したにもかかわらず2ヶ月以上の発売が早いということで、作戦勝ちという感じでしょうか?

次に注目は、ハイアマチュア寄りのフルサイズデジタル一眼レフカメラNikon D700の後継と噂されている、Nikon D800の登場、そしてキヤノンはEOS 5D mark IIの後継と噂されているCanon EOS 5D mark IIIということです。

どちらも、画素数を向上したイメージセンサーが採用されるという噂もあり、じっくり絵作りされる方にとっては、大注目のカメラですね。

いやー今年は冒頭からビッグな発表となりましたが、富士フイルムが明日にでもフルサイズ一眼レフの画質を凌ぐと豪語している、X-PRO 1なるカメラを発表するという情報もあります。

更に、ソニーはもうすぐ2400万画素のNEX-7、そして年内にはフルサイズの透過ミラー機、α99を発表するという噂もありますので、2012年は特にハイエンドの一眼カメラの当たり年になりそうですね。

 報道やスポーツ撮影に向けた「D3S」(2009年11月発売)の後継モデル。画素数や撮影感度を向上させたほか、AFおよびAEシステムの刷新を図った。同社では、「次世代 オールラウンド フラッグシップモデル」だとする。新規格の記録メディア「XQDメモリーカード」にも対応する。

Via : ニコン、AFやAEを一新したフラッグシップ機「D4」 – デジカメWatch

「D4」は2012年2月16日に発売予定となっており、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ36.0×23.9mm)と、ハイスペックなデジタル一眼レフカメラに最適化した新画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載、有効画素数は16.2メガピクセル、撮像感度域はISO 50相当からISO 204800相当まで、新開発の91Kピクセル(約91,000ピクセル)RGBセンサーによって、「アドバンストシーン認識システム」の精度をより高め、光学ファインダー使用時にも人物の顔認識を可能としています。

Via : 「ニコン D4」発表、ついにデジタル一眼レフカメラ次世代フラッグシップモデル登場 – GIGAZINE

起動は0.12秒、レリーズタイムラグは0.042秒。UDMA7 対応コンパクトフラッシュスロットと XQD メモリーカードスロットをデュアルで備え、XQD 利用時は RAW 撮影で 10コマ/秒・連続100コマの撮影が可能です。

Via : ニコン D4 発表。フルサイズのフラッグシップ機、 65万円 — Engadget Japanese

ニコンは6日、デジタル一眼レフカメラの新モデル「ニコン D4」を発表した。2月16日の発売で価格はオープン。推定市場価格は65万円前後となっている。なお本製品は、1月10日より米国で開催される「2012インターナショナルCES」で展示される。

Via : ニコン、新世代デジタル一眼レフ「D4」を発表 – XQDやISO204800撮影に対応 | 家電 | マイナビニュース

 AFポイントはD3と同様の51点で、中央15点にはクロスセンサーを採用するほか51点すべてがf/5.6対応、中央5点と中段左右各3点はf/8対応となっており、テレコン利用時にも高精度なピント合わせを期待できる。アルゴリズムの改良によってAF初動の高速化が図られたほか、AE/AF追尾状態のFXフォーマット記録でも約10コマ/秒の連続撮影を行える。

Via : XQD対応、ISO204800撮影も可能な「ニコン D4」 – ITmedia デジカメプラス

動画撮影には、シャッターボタン近くに専用ボタンを配置。静止画撮影と同様の感覚でスムーズに動画の撮影と停止が可能になりました。1980×1080、30fpsのフルHDに対応し、H.264/MPEG-4 AVC方式で最長29分59秒の記録ができます。撮影感度はISO200からISO204800まで対応。撮影は作画意図に応じて、3種類の撮像範囲を選択可能。ステレオ録音ができる外部マイク入力端子、音声のモニタが可能なヘッドホン端子を搭載しています。

Via : ニコンがデジタル一眼レフカメラのフラッグシップ『ニコン D4』を発表 – ガジェット通信

PCI Expressインタフェースを採用し、ソニー独自開発の高速データ処理を可能にするコントローラー、高速化に対応したフラッシュメモリーにより、従来のコンパクトフラッシュでは実現できなかった書き込み速度を実現。『D4』での撮影時には、データ量が大きいRAW撮影時でも約100コマの連続撮影が可能になっています。16GB容量の『QD-H16』は市場推定価格2万円前後、32GB容量の『QD-H32』は市場推定価格3万3000円前後です。

Via : ソニーが書き込み速度1Gbpsを実現した『XQDメモリーカード』発売へ – ガジェット通信

スポンサードリンク

アマゾン


One thought on “Nikon D4が発表サンプルイメージや動画も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です