史上最高のカメラ50選(50位〜31位)

スポンサードリンク

“Photography Monthly”という雑誌が選んだ史上最高のカメラ50選 まずは50位から31位

Greatest Cameras of All Time… No. 50 Nikon 1 series (Nikon V1 and Nikon J1)

Nikon 1 - V1 / J1new

今回のリストの中で最も物議を醸し出す可能性があるのがNikon 1シリーズ。
ニコンはこのカメラに多くのエネルギーを投入した。
秒10コマの連射性能というコンパクトなボディで素晴らしい高速性能を持っている。
数年後もこのリストにNikon 1シリーズが残っていることを期待する。

Greatest Cameras of All Time… No. 49 Nikon D300s

Nikon D300S

2009年発表、1230万画素。
ニコンDXフォーマットのフラッグシップ機でありAF可能な動画撮影機能が追加された。

Greatest Cameras of All Time… No. 48 Pentax K1000

Manual de mi primera cámara reflex (Pentax K1000)

ペンタックスK1000は1976年から1997年まで製造された。
アートスクールの学生の定番カメラだった。
1976年既に時代遅れだったが、安価でシンプルな構造の働き者だった。

Greatest Cameras of All Time… No. 47 Sinar Norma

Sinar Norma

1947年発表された大判カメラ。交換可能なシステムパーツ群は高精度でシンプルな操作性。
“Sinar”という名称は、システムの多様性を表現する為、スタジオ:スタジオ、インダストリー:産業、ネーチャー:自然、アーキテクチャ:建築、リプロダクション:複製の頭文字から命名。
Sinar Normaは1947年から1970年まで製造、技術分野と工業デザインのアイコン的存在。

Greatest Cameras of All Time… No. 46 Nikon D90

Nikon D90 flash up front

2008年D80の後継機として発表した1230万画素機、フィルム愛好家をデジタルの世界に導いた。
ライブビュー、色収差補正機能。
デジタル一眼レフで最初に720p、モノラル音声、24fpsの動画撮影機能を搭載。
ビルトインAFモーターによってほぼ全てのNikon FマウントAFレンズが使用可能。
ニコン最初のレンズ補正DB搭載。

Greatest Cameras of All Time… No. 45 Canon F-1

THE Canon F-1New Los Angeles "fully equipped"

キヤノンF-1は1971年から1976年まで製造されたキヤノンFDマウントレンズ対応の一眼レフカメラ
F-1はキヤノン最初の真のプロフェッショナルグレードの一眼レフシステムであり、様々なアクセサリと交換パーツ群によって多くの異なるユーザの要望とセットアップに対応可能だった。

Greatest Cameras of All Time… No. 44 Pentax Auto 110

Pentax Auto 110

1978年に発表された、ペンタックスAuto 110及びAuto 110スーパーは、アサヒペンタックスによって製造された一眼レフカメラである。
Auto 110は3本の交換レンズと共に、世界最小のプロフェッショナルレベルの一眼レフシステムとして発表。
現在のミラーレスカメラシステムの祖先のようなシステム

Greatest Cameras of All Time… No. 43 Pentax K20D

Pentax K20D + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

K20Dのボディはペンタックスによって設計された一方で、そのCMOSセンサーはサムスン製である。
2005年から2008年までK20DはAPS-Cフォーマットで最も高い解像度であった。

Greatest Cameras of All Time… No. 42 Hasselblad 503CW

Hasselblad 503cw

ハッセルブラッドという歴史のあるメーカーの新コンセプトカメラ。
503CWはデジタルバックによってアナログとデジタルの両方に対応可能。
フィルムを諦めた人への完璧なオプションを提供出来る。

Greatest Cameras of All Time… No. 41 Sony Alpha 900

Portrait Of Sony A900 Using Olympus E_PL1

2008年9月に発表されたソニーα900は、プロ向けの機能と2460万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載、このリストに絶対に入れなければならないカメラ

Greatest Cameras of All Time… No. 40 Canon T90

P1010080 Canon T90 and FD 100mm f2.0

今でも人気の高いT90が、キヤノンTシリーズ35mm一眼レフカメラのトップライン機として発表されたのは1986年。
キヤノン最後のプロフェッショナルレベルのマニュアルフォーカスカメラでありキヤノンFDマウント最後のカメラでもある。
直後のAF革命と、たった1年後に発表されたキヤノンEOSシステムによって取り残されることになる。
T90の、ユーザーインタフェース、工業デザイン、ハイレベルな自動化など今日のキヤノンのハイエンドカメラの多くの基本コンセプトの先駆者となる。
堅牢な構造から、T90の日本の写真業界でのニックネームは“戦車”。
20年経った今でも多くのフォトグラファーと販売店は未だにT90を高価で取引している。
多くの人がキヤノン一眼レフカ史上ベストのカメラと考えている。

Greatest Cameras of All Time… No. 39 Nikon D1

Nikon D1

ニコンD1はコダックに最初に挑戦したプロフェッショナル一眼レフカメラ。
1999年発表、270万画素CCDセンサーのD1は、秒4.5コマの連射性能と素晴らしい低ノイズにより、デジタルカメラ開発の初期のマイルストーンの1つと考えられている。

Greatest Cameras of All Time… No. 38 Olympus OM-1

Olympus OM-1 with Varimagni Angle Finder

OM-1は正に最も愛され、フィルム一眼レフカメラの象徴的なカメラ。
最初のモデルは1972年でM-1と呼ばれていた。
その13年前リリースされたニコンFは35mm一眼レフカメラのスタンダードとしてライカなどのレンジファインダー機に慣れ親しんだユーザに対して、重く大きいカメラで代替を示し市場を牽引して来た。
M-1はその全てを変え、小型化の方向に向かう先駆けとなった。
一方、ライカのフラッグシップレンジファインダーカメラはMシリーズとして知られていたことからM-1という名称にクレームが付き、オリンパスはOM-1に名称されることを余儀なくされた。
OM-1は交換可能の大型スクリーン(プリズムは固定式)のビューファインダーを持つ完全機械式の一眼レフカメラ。
また、ファインダー内の測光メーターと、クイックな操作が出来可能なように、通常トッププレートにあるシャッタースピードダイアルは、レンズマウント部に配置されている。
これは決してファッショナブルでは無いが光っているポイント。

Greatest Cameras of All Time… No. 37 Canon EOS D30

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20000811/d30_1.jpg

2000年発表、310万画素のキヤノンEOS D30は最初のコンシューマ向けに製造されたデジタル一眼レフカメラ。
D30以前キヤノンはコダックと協業しキヤノンのボディにデジタルバックを組み合わせていた。
今このスペックを見ると、大したことは無いが、EOS D30はゲームを変えた、撮影者は低価格でより良いイメージを得ることが出来る、コンシューマ向け一眼レフカメラ開発の分岐点の瞬間となった。

Greatest Cameras of All Time… No. 36 Canon EOS 5D

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/29419-2115-14-1.html

EOS 5Dの発表は2005年、記念すべきカメラである。
1280万画素一眼レフカメラはまた低価格かつプロフェッショナル画質を得ることが出来るフルサイズのセンサーを搭載していた。
プロフェッショナル市場は一夜にして変わり低ISOの考え方を打ち破ることになった。
5Dは業界の愛すべき存在となった。

Greatest Cameras of All Time… No. 35 Mamiya RZ67

Mamiya RZ67

マミヤRZ67は室内撮影プロ向けの中判フォーマットのモジュラーシステムカメラ、レンズ、ビューファインダー、グランドグラス、フィルムワインダー、及びフィルムバックは全て交換が可能。
RZ67は主にスタジオユース向けにデザインされているが、アウトドアでも多く使用されていた。

Greatest Cameras of All Time… No. 34 Panasonic DMC-LX3

Panasonic DMC-LX3

パナソニック LUMIX DMC-LX3は2008年ハイエンドコンパクトデジタルカメラの中のベストな1台であったLX2の後継機として発表された。

Greatest Cameras of All Time… No. 33 Nikon D700

Nikon D700 / Nikkor 105mm f/2.8G micro

D700は2008年発表のプロフェッショナルグレード一眼レフカメラ。
D3の1210万画素FXフォーマットCMOSイメージセンサーを流用した、ニコン二番目のフルサイズデジタル一眼レフカメラ。
D700のフルサイズイメージセンサーは、クロップすることなくFマウント非DXレンズの性能を全て引き出すことが出来る。
D700はD300に近い構造で、ビルトインAFモーターによって、ニコンのAFレンズ、CPUレンズ、と古いFマウントAI/AI-Sレンズ、また、PC-Eレンズを使う事が出来る。

Greatest Cameras of All Time… No. 32 Canon A-1

Canon A-1

1978年に発表されたキヤノン A-1は、歴史的象徴的なカメラである。
その理由は最初の電子制御によるプログラム自動露出モードを搭載した一眼レフカメラ。
撮影者がブレ無いシャッターと、被写界深度を考えながら選択していた作業をA-1は測光値からマイクロプロセッサーにプログラミングにより自動選択してくれた。
現代のほぼ全てのカメラには最低1つのプログラムモードが搭載されている。

Greatest Cameras of All Time… No. 31 Nikon FM2

Nikon FM2

FM2は予算を気にする人の為ではなく、シャッタースピードと絞りセッティングを学習する人の為に設計されたカメラだが、頑丈で堅牢なカメラを要求する写真家にも受け入れられている。
FM2が発表された1982年頃、ニコンは優れた写真家は最新のテクノロジーに興味が無いものであると信じており、高品質で高精度の職人的な品質が好まれていたと考えていた。
FM2は写真家向けのカメラである。

続く・・・・


スポンサードリンク

One thought on “史上最高のカメラ50選(50位〜31位)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です