富士フイルム X10発表!X-S1もXミラーレスもあるぞ!

スポンサードリンク

富士フイルムが先に海外で発表していた、ハイエンドコンパクトデジタルカメラFinePix X10を国内でも正式発表しました。
デザインはFinePix X100を継承したような、レトロなレンジファインダータイプとなっていますが、中身に関してはX100がAPS-Cイメージセンサーと単焦点レンズという構成だったのに対して、X10は2/3インチセンサー。4倍ズームレンズという構成です。

まずちょっとしたサプライズとしてX10からFinePixという名称は付かないということです。

 同社が9月1日に海外で発表していた製品。今回、国内での発売日や価格が決定した。なお、製品名に「FinePix」は付かない。

 クラシックな外観を特徴とするレンズ一体型デジタルカメラ。カラーはブラックのみだが、3月に発売した「FinePix X100」のテイストを随所に取り入れている。富士フイルムでは「プレミアムコンパクトデジタルカメラ」と称している。

Via : 富士フイルム、F2-2.8のマニュアルズームレンズを搭載した「FUJIFILM X10」 – デジカメWatch

カメラ好事家は少々お高くても気にしないと改めて業界に知らしめたフジフイルムのレトロハイエンドコンパクト Finepix X100 に兄弟機が登場します。

Via : Finepix X10 発表、F2レンズ・4倍ズーム・光学ビューファインダー搭載 — Engadget Japanese

富士フイルムは5日、2月に発表された「FinePix X100」に続くデジタルカメラ「X」シリーズの最新モデル「FUJIFILM X10」を発表した。発売は10月22日で、価格はオープン。推定市場価格は7万円前後となる見込みだ。

Via : 富士フイルム、光学4倍ズームでF2.0~F2.8レンズ搭載の「FUJIFILM X10」 | 家電 | マイコミジャーナル

■金属パーツを多用して質感を重視したボディー
・本体の天面と底面にマグネシウムダイキャストを、モードダイヤルやレンズリングはアルミの削り出しパーツを採用。見た目の質感と手にした際の感触を重視した

Via : 富士フイルム、レンズとデザインにこだわった高級コンパクトデジカメ「X10」 – デジタル – 日経トレンディネット

先日のAppleの発表には、One more thingはありませんでしたが、この富士フイルムの発表はTwo more thingがありました。

1つは、Xシリーズのロードマップに外見が一眼レフのようなFinePix X-S1。
そしてもう1つは、何と富士フイルムがミラーレスカメラ、つまりレンズ交換式デジタル一眼カメラに参入することも発表したのです。

富士のミラーレスカメラはフルサイズ一眼レフカメラに匹敵する画質を目指すそうです。
X10に採用されるイメージセンサーとレンズがどのようなものになるのか?注目ですね。

 これは同日開催されたXシリーズの第2弾モデル「FUJIFILM X10」の記者会見場で明らかにされた。富士フイルム代表取締役社長 CEOの古森重隆氏は「ミラーレス一眼カメラは35mmのフルサイズセンサを搭載した一眼レフの品質、画質レベルを凌ぐ解像力、低ノイズを実現する予定。ミラーレス一眼市場への参入は後発になるので、それなりのメリットを出して製品化したい」と意欲を話した。

Via : 富士フイルム、2012年春にミラーレス一眼カメラ参入へ–Xシリーズを拡充 – CNET Japan

既にX10予約が開始されていますが、価格はこんな感じ

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です