ホンダ10月2日開催のMotoGP日本GPを茂木から鈴鹿に変更提案の噂

スポンサードリンク

今年のMoitoGP日本GPは8年ぶりに鈴鹿サーキットで開催されるかもしれません。

ホンダ MotoGPチームの中本修平代表が、今年の日本GPをもてぎから鈴鹿に変更することを提案していると海外メディアが報じている。

東日本大震災の影響により、MotoGP 日本GPは当初予定されていた4月24日から10月2日に延期をされた。

Via : ホンダ、MotoGP 日本グランプリのもてぎから鈴鹿への変更を提案 【 F1-Gate.com 】

理由としては、MotoGPライダーのケイシー・ストーナーとホルヘ・ロレンソ、そしてバレンティーノ・ロッシのとっぷライダー3人が、福島の放射能の影響を心配してボイコットを表明しているということなんだそうです。

しかしながら2003年までMotoGP鈴鹿で開催されていましたが、故 加藤大治郎選手の事故により、MotoGPのホモロゲーションが取り消されていたということです。
FIMに提案が通るか?が課題なんだそうです。

F1 GPが開催されるメジャーサーキットの鈴鹿ですから、安全性の懸念(改修済みの筈)さえ払拭できれば、ホンダにしても、観客が見込まれる鈴鹿サーキットの方が良いのかもしれませんね。

ちょっと複雑な事情ですが、今年のMotoGP日本GPはどちらで開催されることになるのでしょうか?
もちろん、開催は決定していますのでいずれにしても、震災後の日本GPの成功を応援します。


1992鈴鹿同着 [DVD]

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です