究極のミラーレス+モジューラ-カメラWVILが素晴らし過ぎる!カメラの未来はこうなる?

スポンサードリンク

このWVILというコンセプトカメラ、一見、クールなデザインのミラーレスカメラに見えるかもしれませんが、これはカメラの未来かも?という内容

ソニーのミラーレスカメラNEX-5を更に未来的にしたデザインはこれだけで欲しい!と思っちゃうようなカメラですが、WVILのコンセプトが凄いのが、レンズ部分がカメラモジュールとして分割出来ることにあります。

レンズユニット側とボディ側は電気接点を持たず、無線で通信する構造。

更に、様々な部分がユニット化されている構造、標準レンズもありますが、ニコン、キヤノン、ライカのマウントアダプターまで考慮しています。

◆ボディユニット(ディスプレイユニット+フレームユニット)
アルミ&マグネシウム合金
ディスプレイユニットをドッキング可能
ディスプレイユニットのサイズは 127 x 69 x 7.5mm
フレームユニットのサイズは: 164.5 x 76.5 x 28.2 mm

◆ディスプレイユニット
5インチ、アクティブマトリクス式有機ELディスプレイ
ビューエリア: 110 x 61.9 mm
ディスプレイ解像度:1920x 1080 pixels(2,073,600 ドット, 16:9)
CUP Cortex-A15 ARM マルチコア CPU
メモリ:16GB内蔵 + microSDHC

◆レンズマウントユニット(他社製レンズを使用出来るユニット)
ニコンFマウント、キヤノンEFマウント、マイクロフォーサーズ、ライカMマウントを準備

◆アンテナユニット
無線LAN:802.11n
GPS登載
Bluetooth 2.0
WirelessHD

◆連射性能
約秒10コマ
連続20イメージ、RAWの場合は5枚(レンズを分離した状態)
連続180イメージ、RAWの場合は40枚(レンズをボディに装着した状態)

◆イメージセンサー
フルサイズ36 x 24mm CMOS
12-bit A/D コンバーター
ローカルキャッシュ 512MB
3160万画素 6496 x 4872 pixels
静止画 jpg, RAW出力
動画 1920 x 1080 24p, 30p, 60i ー MOV, H.264, AVCHD フォーマット
ステレオサウンド

◆標準レンズ
焦点距離: 28-100mm
画角:: 27°- 73°
絞り:F2.0~ F18
レンズ構成 18エレメント13群

◆重量
ディスプレイユニット:180g
フレームユニット:210g
キットレンズ: 380g

こちらは、ボディに装着されているのは、マウントアダプターユニット、そして右の3本は純正レンズってことかな

Wvil- camera phone!

リコーのGXRも同様にユニット化のコンセプトのカメラですが、このWVILは更なるモジュール化と、無線通信技術の採用によって、ユニットカメラの新しい可能性を追求したようなコンセプトになっています。

更に言えば、ボディユニットはスマートフォン用のチップが使われているので、本格的な通信機能、地図などのアプリも動作するところが、本当に素晴らしい。

で、このWVIL、想像の産物では無くCES2011でデモされていたようです。(全ての機能が入っているのではなさそうですが)

マジで動いてるじゃん!w

こちらがコンセプト動画

レンズ分割して置いておけば、絶対手ぶれしないじゃん!w

このWVIL、ソニーNEX-5のようなミラーレスを追求したシンプルなデザイン、リコーGXRのようなユニットコンセプト、キヤノンEOS 5D Mark IIのようなフルサイズと動画、そしてiPhoneのように通信したりアプリを使えそう、と、現時点でのカメラのトレンドを考えると、未来のカメラ、いや、もうすぐカメラはこんな風になるんじゃないか。なって欲しいと思わせる素晴らしいコンセプトです、

フルサイズの超モジュールカメラ、最高!
早く発売してください。

課題はモジュール化したことによって、分割して供給しなければならないバッテリー性能かな

本家サイト http://www.artefactgroup.com/wvil/


スポンサードリンク

アマゾン


0 thoughts on “究極のミラーレス+モジューラ-カメラWVILが素晴らし過ぎる!カメラの未来はこうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です