Lotus .v.s. Lotus 結局両方がロータス継続へ

スポンサードリンク

これまでお互いを訴えるという泥沼化の模様を挺していたロータス名称権問題の裁判ですが、ようやく裁定が出されたようです。

Team Lotus

Team Lotus will be able to continue using its name in Formula 1, after the High Court in London ruled in its favour in the row with Group Lotus.

27日(金)、ロンドン高等裁判所は、グループ・ロータス(現ロータス・ルノーGP側)から提訴されていた「ロータス名称問題」について、チーム・ロータス(前ロータスF1レーシング側)の使用権を認める判断を下した。

航空会社エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO率いるレーシングチームは昨年、F1への参戦を開始したが、イギリスのスポーツカーメーカーであるグループ・ロータスと提携し、ロータス・レーシングとしてF1を戦っていた。

しかし、その後にグループ・ロータスとフェルナンデス側の関係が悪化。グループ・ロータスはフェルナンデスに認めていた「ロータス」の名称使用許可を取り下げ、2011年からはルノーチームと提携し、ロータス・ルノーGPとして参戦することを発表した。

また、グループ・ロータスがトニー・フェルナンデスのチームに対して「ロータス・レーシング」の5年の名称使用権の契約を早期に解消した問題については、グループ・ロータスには使用許諾を終わらせる権利があるとの判決が下され、グループ・ロータスは損害賠償請求を認められた。

結局、両チーム共にロータスの名称を継続して使用することが許可されたそうです。
よって、これまで同じくF1にはロータスが2チームエントリしている状態が継続することになったようです。

本質的には双方の勝利ということになるが、どちらも結果に完全には満足していない。チーム・ロータスの代表を務めるフェルナンデスはチームが歴史的な名前を使用し続けられることはうれしいと話し、ライセンス終了をポジティブにとらえている。

なんだか歯切れの悪い結果となりましたが、まぁどちらにしても、故コーリンチャップマンの意思が受け継がれたたチームとは言い難いと思います。ロータス2チームでブラックとグリーンのF1マシンの争いも面白いかもしれませんが、ロータス栄光の歴史を更に発展させるチームであればなお良いと思います。


1/20 ロータス タイプ79 1978 20060 (1/20 グランプリコレクションシリーズ No.60)


PLANEX ミニチャンプス製 1979年製マルティーニロータス79 カルロス・ロイテマン (Minichamps Scale Models 1:43 Martini Lotus 79 1979 C.Reutemann) LOT-SM-MC79R

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です