これがあのリーフ?日産がゼロエミッションな電気レーシングカーNissan LEAF NISMO RC 発表

スポンサードリンク

テスラかと思っちゃいました。日産リーフをベースに開発した、コンセプトカー Leaf RC (レーシングコンセプト)がニュヨークオートショーで発表。
NISMOと共同開発なんだそうです。

NISSAN LEAF NISMO RC (RACING COMPETITION)

日産の公式リリースページはこちら

Nissan/Infiniti News Room

The name on the back panel, just under the massive adjustable rear wing, says Nissan LEAF™. The powertrain is an 100% zero emission advanced Lithium-ion battery design, just like that found on the world’s first affordable mass market electric vehicle. And despite its lack of rear doors, rear seat, trunk, audio system, navigation, carpeting and other amenities, there is a discernable family resemblance. But that is where the similarities between the production Nissan LEAF and the Nissan LEAF NISMO RC end. As indicted by the “RC” – for Racing Competition – this new electric vehicle, which makes its world debut at the 2011 New York International Auto Show on April 20th, is purpose-built to bring new meaning to the term “Racing Green.”

Nissan LEAF NISMO RC のボディはフルカーボンファイバーによる3ピース構造でボディ前後が交換出来るようになっています。
ウィンドウは固定、LEDヘッドライトとテールライトを採用、アジャスタブルリアウィング
そして、仕上げは4層コートのパールホワイトとブルーでペイント、Zero Emissionグラフィックが施されています。
2ドア化され、約10cmショートホイールベース化、逆に全長は2cm、全幅は17cm拡大、車高は35cmも低められ、最低地上高は約6cm
車重はベースの日産リーフより40%も軽量化され、938kg
駆動系はバッテリーパック、インバーター、モーターを運転後部に配置するミッドシップ、リアドライブのレイアウト
サスペンションはダブルウィッシュボーン、リアブレーキアジャストメント機能まで備えます。
タイヤは18インチ6本スポークのホイールに装着されるP225/40R18ブリヂストンレーシングタイヤ

48コのコンパクトモジュールを組み合わせたリチウムイオンバッテリーを搭載、ハイレスポンスの 80kW ACモーターによって駆動されます。
それによる出力は107馬力
バッテリーは急速充電で30分の急速充電で80%充電が可能
勿論ゼロエミッション、二酸化炭素排出量は0です

パフォーマンスは0-約100km/hが 6.85秒、トップスピードは約150km/h
ということでリーフがベースなので、それほど強烈なわけでは無いようですが、軽量を生かした面白い走りを楽しめそうですね。
連続走行時間も20分程度だそうです。

大容量バッテリーと代出力モーターを搭載した、Nissan Leaf Nismo GT-Rお願いします!

関連記事;

Nissan Leaf NISMO RC Concept – Auto Shows – Car and Driver Blog

Nissan’s Leaf gets lighter, lower, and meaner in preparation for… racing?

っていうか、こちらの記事ではRC=ラジコンじゃないよってw

Nissan Leaf Nismo RC swaps basic comforts for a carbon fiber body and some racing good looks — Engadget

Nissan is setting up to unveil a brand new concept vehicle, dubbed the Leaf Nismo RC (that stands for Racing Competition, not “radio-controlled”), which strips the one-size-fits-all Leaf down to its constituent elements.

Nissan’s Nismo Racing Leaf Looks Great, Performs Adequately

Created for “a series of special demonstration appearances,” this Leaf Nismo RC is a racing-based rethinking of the Leaf design and powertrain. They’ve shaved off about 40% of the weight, bringing it down to just over 2000 lbs, lowered it to have only 2.4″ of clearance, and of course switched it over to rear wheel drive.

The performance is… well, we can’t expect too much, since it’s more or less an optimized Leaf, not a sports car from the ground up. So 0-60 in 6.85 seconds is actually quite impressive. The top speed of 93, not so much, and the running time of 20 minutes won’t have it winning any endurance races.
.

日産がニスモと共に、電気自動車「リーフ」のレーシング・カーを開発! — Autoblog JP

日産は、電気自動車「リーフ」のレース仕様車を、20日から開催されるニューヨーク国際オートショーに出品すると発表した。とは言っても、現段階では実際にこのクルマで電気自動車のレースに参戦するというわけではない。どうやらこれは、日産がモータースポーツ界に向けて送る「電気自動車でレースをしよう!」というメッセージであるようだ。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です