バリアングル液晶を登載した新一眼レフカメラNikon D5100発表

スポンサードリンク

噂通り、ニコンより新たに横方向のバリアングル液晶を登載した入門デジタル一眼レフカメラD5100が発表されました。


Nikon D5100の発売は4月21日となっています。

注目は勿論バリアングル液晶ですが、画質についても上級機であるD7000と同じ1620万画素のイメージセンサーと更に、画像処理エンジンEXPEED 2の搭載で高画質、高速化、多機能化を実現しているとのことです。

新機能としては、動画撮影時のAF追尾機能、またナイトビジョンと呼ばれる超高感度撮影モード(~ISO 102400相当)で夜間撮影について可能になっているとのことです。
入門機としては、かなり機能満載状態なのでは無いでしょうか?

こちらが製品情報ページ

また同時にホットシューに装着出来る、外部ステレオマイクME-1も発表されています。

既に楽天のショップなどは予約受付中

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です