MotoGP来年からのシングルタイヤルールの詳細(ゴール後のルールも)

スポンサードリンク

2009年からF1と同様にヴリヂストンタイヤによるシングルタイヤルールに移行するMotoGPですが、その詳細が発表されました。

FIM(国際モータサイクリズム連盟)は12月19日、MotoGPクラスにおける2009年シーズンからのシングルタイヤ・ルール施行に伴う新しい競技規約を発表している。ここでは、年明け以降のプレシーズン・テスト及び2009年シーズンのMotoGPクラス開幕に向けて用意された新レギュレーションの追加項目及び変更箇所の詳細を紹介する。

ブリヂストンは少なくとも2010年までMotoGPのシングルタイヤを担当するそうです。
また、年々れレギュレーションを厳しくして行くことで、タイヤ使用本数を減らすことで、負担を少なくする方針のようです。
これはF1同様にこれ以上のチーム運営費の拡大は時代にマッチしていないということでしょうか。。。

更に、タイヤルールに加え、ゴール後のクールダウンラップで、ヘルメットの着用が義務付けられたようです。
つまり、日本GPでチャンピオンを決めたロッシが、ヘルメットを机まで持ち込んで新しいヘルメットにサインする。。。なんて前代未聞に鳴る訳ですね(^^;;;

スポンサードリンク