MotoGPチャンピオンに返り咲いた喜びを語るロッシ

スポンサードリンク

日本GP、ツインリンク茂木でチャンピオンを獲得したV・ロッシ、チャンピオンから遠のいていた2年間を振り返ってその心境を語っています。

■2年間の敗北と、それを乗り越えてチャンピオンに輝いた今の心境を語るロッシ
ここでは、2年ぶりにチャンピオンの座を奪還したバレンティーノ・ロッシの、レース直後の優勝祝賀会を目前に控えていた時のロングコメント全文を紹介する。ロッシは最高峰クラスにデビューしてからの順風満帆の時代、打ちひしがれた2年間の敗北、そして今年からブリヂストンにスイッチしてこの日にチャンピオンの座に返り咲くまでの様々な出来事や当時の心境を振り返りながら、最後に来期以降の展望を以下の通り語っている。

負けを経験し、更に大人になった、彼のコメントを読んで、ますますロッシが好きになった人も多いかと思います。

表向きの、パフォーマンスや、グラフィックに拘る彼ならではの派手なセンスの裏で、彼の発言は考え抜かれ簡潔で、理知的ですらありますね。。。

また、ロッシのレース運びは典型的な刺し馬タイプ、レースの後半や、最終ラップまで前にプレッシャーを掛け、相手の自身とプライドが一番傷つくコーナーで抜き優勝を得るスタイルは、人によってはズルイと感じられるやり方ですが、ロッシだからこそ、それを爽やかにやり遂げることが出来るのでは無いでしょうか?

一方、FIAT YAMAHAもチームタイトルを獲得しましたが、これも、MotoGPにデビューしたルーキーにも関わらず今期ポールポジションを数回獲得したチームメイトのロレンツォの存在も大きいかと思います。

ロッシは来年最大のライバルは、ストーナーだと語っていますた、もしかしたら、最大のライバルはチーム内に居ることになるかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾン