My AURATONE復活作戦:中編

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

まず、AURATONEのユニットを外してみました。

やはり、モニタスピーカーだけあって、大きめのマグネットのユニットです。


配線は何と、ハンダ付けなどされて無く、くるくる端子に巻き付けられていただけです。(テンションかかってましたので問題無いと思われますが、、、)

そして、密閉型スピーカーボックスの容量の約半分という多量の吸音材が入っていました。というか、マグネットの後端寸前まで吸音材。つまり、スピーカーボックスのほぼ全部が吸音材って訳です。これもAURATONEの音の秘密かもしれませんね。

MDFで作ったスピーカーボックス、バスレフポートも無くめちゃシンプルですね。

ユニットの方がこのようにかなり悲惨な状況。

っていうか、めんどくさいと言いながら、古いウレタンエッジを除去してみました。
接着剤が残っていますが、これ以上奇麗にするには、サンドペーパー等で念入りに掃除することになりそうなので、これくらいで止めておきます。
エッジ以外あまり問題は無さそうで、エッジ修理さえすればまだまだ使えそうです。


M2 コンピューターミュージックモニター

オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る