SUZUKIがターボバイク「Recursion(リカージョン)」コンセプトを東京MCで展示!

スポンサードリンク

SUZUKIがターボエンジンに回帰するバイク「Recursion(リカージョン)」コンセプトを東京モータショーで発表するということです!

コンセプトは「コンセプト・ロードスター」

■スペック

  • エンジンは588cc 水冷直列ツイン
  • 100ps/8000rpm
  • 10.2kg-m/4500rpm
  • 車重174kg
  • フロントタイヤ 120/70ZR17
  • リアタイヤ 160/60ZR17
  • ABS
  • TCS

そのデザイン、丸くなったとは言え、なんとなく、かつてのターボバイクSUZUKI XN85の面影を感じるのは気のせいでしょうか?

Car@niftyのYouTubeチャンネルに、鈴木の「Recursion(リカージョン)」発表会のレポート動画が公開されています。

かつて、日本のバイクメーカ各社はターボエンジンを搭載したバイクで出力を競っていましたが、現代では自動車と同様にダウンサイジングが目的。
エコと軽量のボディを活かして走りと楽しむロードスターということです。
2014年からF1エンジンもターボになりますが、二輪車もターボ化が加速することになれば今後ガソリンエンジンはターボ時代を迎えそうですね!

そしてMotoGPもターボ化?(^^;?


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です