ロモの銀塩ムービーカメラ“ LomoKino ”

スポンサードリンク

もうそろそろ、キヤノンREDがハリウッドで映像機器(おそらく新カムコーダー)の歴史的な発表をするようですが、Lomoも素晴らしい動画カメラ“ LomoKino ”を発表しました。

なんと、35mm銀塩フィルムをそのまま動画用フィルムとして使い、ロモらしく手回しで撮影するカメラです。

価格はカメラ本体のみが7,900円、撮影フィルム用ビューアー「LomoKinoScope」付きセットが9,800円と、キヤノンやREDのカメラの1/100(予測w)の価格で購入可能です。

スチルカメラの35mm銀塩フィルムは、ライカが映画用のフィルムの2コマ分を1コマとして使えるようになった経緯があるようですが、Lomoはこれを逆にムービー撮影用のフィルムにしたところが素晴らしいアンチテーゼですね。

LomoKinoで撮影した作品もアップされています。

Pacific Sunset – LomoKino from Lomography NYC on Vimeo.

Times Square – LomoKino from Lomography NYC on Vimeo.

Salvation Mountain – LomoKino from Lomography NYC on Vimeo.

ちなみに、映画の世界では銀塩フィイルムの撮影機が壊滅気味のようですが、一方で、スチルカメラ用のフィルムも寂しい状況になっているようです。

コダックの経営不振もあり、銀塩写真の将来はロモグラフィーにかかっているのかもしれませんね。


スポンサードリンク

アマゾン


One thought on “ロモの銀塩ムービーカメラ“ LomoKino ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です