F1 Virgin Racing はマクラーレンとテクニカルパートナーシップ締結

スポンサードリンク

Autosportsによればヴァージン・レーシングはマクラーレンとパートナーシップを締結したそうです。


HRTは、投資家グループに買収されるという再スタートの状況ですが、ヴァージン・レーシングは着実に体制を固めつつあるのかもしれません。

F1下位チームにも動きが現れてきましたね。

6月1日の記事

同誌によると、ヴァージンが交渉しているのは、フォース・インディアとマクラーレン/メルセデスとの提携と類似した状況になると主張している。

Via : ヴァージン、マクラーレン/メルセデスと提携交渉か 【 F1-Gate.com 】

今後、マクラーレン・グループからさまざまな技術供与を受けることにより、今後の戦力アップを図る方針だ。

Via : ヴァージン・レーシング、マクラーレンと技術提携: FMotorsports F1

今期はコスワースエンジンを搭載している、ヴァージンですが、来期はメルセデスエンジン搭載ということでしょうか?

マクラーレンと提携しているフォース・インディアは時折侮れないパフォーマンスを示すことがありますので、今後はヴァージンレーシングも要注意という感じでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です