エイドリアン・ニューウェイがGT5で創ったマシンRed Bull X1公開

スポンサードリンク

グランツーリスモ5 GT5の発売は残念ながら更に延期されるようですが、レッドブルF1で現在最速のF1マシンを設計するテクニカルディレクター、エイドリアン・ニューエイはきっちり期限通り仕事を済ませたようです。

red-bull-x1-prototype-front

GT5上でレギュレーションという制限を度外視してとにかく最速でサーキットをラップ(但しグランツーリスモ5の中で)ことを目標としていたコンセプトマシン、Red Bull X1が公開されました!

red-bull-x1-prototype-25

red-bull-x1-prototype-10

red-bull-x1-prototype-26

エイドリアン・ニューイの新しい提案に基づくマシンのデザイン変更は、低速コーナーでのコーナリングスピードを著しく 高め、その真価を証明することとなりました。グラスキャノピー、タイヤのフルカウル、ボディスタイルによる低抵抗、ファンに よる低速域のダウンフォース向上、フロント・リアウィングおよびリアディフューザーの高速安定性の効力、それら全てが集結 した結果、「レッドブルX1」は、人体の限界値とほぼイコールとなる8Gを超える横G、そして最高速度450Km以上という、驚異的なスペックをもつマシンへと生まれ変わりました。そして、デザインチームによって最後に行われたシェイクダウンテストに  おいて、セバスチャン・ベッテルは初走行にも関わらず、鈴鹿サーキットのコースレコードを一気に20秒以上も短縮する驚異的なラップタイムを記録しました。

1400馬力のエンジン、そして、ブラバムアルファロメオが採用したファンシステムを登載し、現在最速のF1ドライバー、セバスチャン・ベッテルも手をも招き驚くほどのパフォーマンスを発揮してて走行しています。

動画はこちら

うーん、とにかくグランツーリスモ5早く発売して欲しいですねー
頑張ってくださいね!

red-bull-x1-prototype-7

red-bull-x1-prototype-21


グランツーリスモ 5(通常版)(2010年発売予定)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です