アメリカのクリスマスギフトはKindle──Netbookは投げ売り w

スポンサードリンク

どうやら今年のクリスマスギフトはiPodでは無く、電子ブックのKindleだそうで・・・・
その煽りで、ネットブック投げ売りしているようですw

日本のアマゾンもちょっとネットブック投げ売り気味のようで・・・

アメリカ旅行に行かれた方は、円高なのでチャンス!お土産&ネタ作りに Kindle 買うべきか、それとも爆安のNetbook買うべきか迷っちゃうかもしれませんね。

で、そのKindleですが、様々なサービスというか利用法が既に立ち上がっています。
たとえばこちら

米Amazonの電子書籍リーダー『Kindle(キンドル)』が日本からも買えるようになって、購入を検討しているガジェットフリークは多いだろう。だが、Kindleには、日本語表示に対応していないという大きな問題がある。でもご安心あれ。フリーの電子図書館『青空文庫』に収められている古今の名著をKindleで読めるよう変換するWebサービスが始まったのだ。もちろん無料だ。

これはまたニッチな話なのですが、今後の可能性は大きいかも。最近、電子黒板(というヤツが話題になっていますが(某製作所も製品出してるよ!)、書き込んだ内容を Amazon の電子ブックリーダー”Kindle”に転送してくれるというインタラクティブ・ホワイトボードが登場しました:

も、もしかしてですよ、ネットブックを駆逐するのが、Kindleだとして、更に、AppleのタブレットMacがもたもたしている間に、電子ブックの領域を超えた、Kindle周りの環境が実現されているかもしれませんね。

iPod、iPhoneの次はKindleの時代がやってくる?
それとも、MP3プレイヤーを駆逐したように、Appleのタブレットはそんな機が熟するのを待っているのでしょうか?

スポンサードリンク