ソフトバンク孫社長がiPhone 3G Sのテザリング機能についてコメント

スポンサードリンク

本日のソフトバンクの株主総会が開催されましたが、その席上、孫社長がiPhoneのテザリング機能について解答されています

ソフトバンクは2009年6月24日,第29回定時株主総会を開催した。総会には代表取締役社長の孫正義氏が出席,同社株主の質問に直接答えた。2日後の6月26日に発売するiPhone 3G Sについての質問が多く出た。主なやり取りは以下の通り。

――iPhone 3G Sはパソコンからインターネットに接続する際のモデムとして利用できるテザリング機能を備えているのに、日本では利用できない。理由は何か。
iPhoneのユーザーは一般ユーザーの10倍のパケットを使う。そこにテザリング機能を利用可能にしたら、100倍、200倍のパケットを使う人が出てくるだろう

ということで、ソフトバンクは今後もiPhone 3G又はiPhone 3GSについてテザリング機能を公開する予定は無いようです。

将来は高い料金が設定する前提なら実現することになるのでしょうか?

残念ですが、既にiPhoneの料金体系もかなりお得感がありますので、ユーザの方も納得なのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン