GR DIGITAL II機能拡張ファームウェアの第四弾ダウンロード

スポンサードリンク

GR BLOGによれば、本日・・・・といってももう次の日を向かえようとしてますが・・・・GRD2の機能を拡張するファームウエアがダウンロード可能になっています

「GR DIGITAL II」向けに、機能拡張ファームウェアの第四弾を4月22日にリリースいたします。

皆さんはもうダウンロード&インスコしましたか?
たっぷり充電してファームアップしてくださいね(^^;;;

私もとりあえず、ダウンロードしました。
これからGR DIGITAL IIに適用してみようかと思います。

ちなみに、今回の拡張機能の内容はこちら。

<拡張される機能>

(1) 内蔵フラッシュの発光量をマニュアル設定することが可能に
フラッシュモードを「マニュアル発光」に設定した場合の、内蔵フラッシュの発光量が設定可能に。発光量は、フル発光から1/45まで12段階で選択可能。
・背景や被写体の反射率に左右されずに発光量を固定することが可能
・露出情報を得るためのプリ発光を行なわないためタイムラグが少ない

(2) フラッシュ発光のタイミングが設定可能に
フラッシュが発光するタイミングを、「先幕」(露光開始直後)または「後幕」(露光終了直前)から選択可能に。
・通常はシャッターを押したタイミングで光る「先幕」が便利
・動く被写体をスローシンクロで撮影するときは「後幕」モードを使用すればより自然な光跡で撮影することが可能

(3) マイセッティング登録へのホワイトバランス補正の登録が選択可能に
ホワイトバランス補正で設定した値をマイセッティング登録で保存するかどうかの選択が可能に。

(4) TODAY’S SHOTS表示機能の追加
電源オフ時に、その日の記録枚数を液晶モニターに表示することが可能に。

株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、2007年11月に発売しました高画質コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL II」向けに、機能拡張ファームウェアの第四弾を4月22日にリリースいたします。

初代GR DIGITAL IIから、本体のモデルチェンジは行わず、ファームアップによってカメラとしての機能を向上させるコンセプト・・・・
発売日に購入した私としては、本当にリコー様のこのコンセプトは大満足です。

多くのデジタルカメラが半年から1年のモデルチェンジサイクルの中、無意味なデザイン変更や、機能追加に明け暮れていますが、ベーシックなデザインさえ優れていれば、本来モデルチェンジする必要は無いと思います。
特に最近は画素数も十分になりましたから、デジタルカメラのモデルチェンジによって齎されるのは、価格の上昇のみかもしれませんね。(数ヶ月すれば、安くなるのですが・・・)

おっと、今から私のGR DIGITAL IIにも適用してみようと思います!!

スポンサードリンク

アマゾン