【コンパクト】オリンパスE-620発表!!【フリーアングル】

スポンサードリンク

本日、Olympusがフォーサーズフォーマットの新デジタル一眼レフカメラE-620を発表しました。

E-620の特徴は、現時点のオリンパスのデジタル一眼レフカメラEシリーズの良いとこ取りなカメラということで、ちょっとまとめて見ました。

・コンパクト
 サイズは E-3>E-30>E-520>E-620>E-420
 重量は E-3>E-30>E-520=E-620>E-420

・フリーアングル液晶
 あり E-3、E-30、E-620
 なし E-520、E-420

・手ぶれ補正は
 あり E-3、E-30、E-620、E-520
 なし E-420

・連射性能は
 5コマ/秒 E-3、E-30、E-620
 3.5コマ/秒 E-520、E-420

・ファンダ
 約100%/約1.15倍 E-3
 約98%/1.02倍 E-30、E-620
 約95%/約0.92倍  E-520、E-420

・画像センサー
 1310万画素 ハイスピードLive MOS E-620
 1230万画素 ハイスピードLive MOS E-30
 1010万画素 ハイスピードLive MOS E-3
 1000万画素 Live MOS  E-520、E-420

・バッテリ
 BLM-1 E-3、E-30、E-520
 BLS-1 E-620、E-420

・価格は
 E-3>E-30>E-620>E-520>E-420

ということで、まとめると、E-420のボディに、E-30のファインダを付け(幅はほぼE420、高さはE520より高い)、バッテリはE-420のままなで小型軽量、そして、E-30(以上の)フリーアングル液晶と画像処理エンジンを付け、最新のイメージセンサで出来上がり!ってワケでハイブリッドなフォーサーズデジタル一眼レフカメラのようですね。

結局E420の欠点であった、ファインダが小さく、手ぶれ補正が付いていないという点、
E30の欠点である、価格が高く、意外に重いと、これらの両方の欠点を一挙にカバーし、フォーサーズならではの小型軽量と高画質のバランスが取れた、オリンパスの一眼ならベストセレクトの1台となるのでは無いでしょうか?

一方、気になるのが・・・・
E30の存在意義(^^;;
そして、仮に、E4xxとE-5xxがモデルチェンジし、E-430とE-530になるなら。。。。
E-430に手ぶれ補正が搭載される・・・
E-530は小型化出来る・・・
ならば、どちらかのモデルの存在意義も無くなるかもしれません・・・・

関連記事:

オリンパスイメージングは2月24日、デジタル一眼レフカメラ「E-620」を3月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はボディのみが9万円前後、「ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-4.6」とのレンズキットが10万円前後、「ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-4.6」と「ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4.0-5.6」をセットしたダブルズームキットが12万円前後

オリンパスイメージングは2月24日、ボディ内手ブレ補正機構を搭載したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「E-620」を発表した。2009年3月下旬より発売する。同社によると世界最小・最軽量モデルになるという。価格はオープン。

本日Olympusがフォーサーズフォーマットの新デジタル一眼レフカメラE-620を発表しました。
E-30とE-520の中間を埋める機種らしいのですが・・・・

Olympus E-620 announced and previewed
Tuesday, 24 February 2009 06:00 GMT< Previous Next >
Pre-PMA 2009: Olympus has announced the E-620 upper entry-level DSLR. The 12.3MP camera is packed with features from the recently introduced E-30 in a body nearer the size of the the E-420. It incorporates image stabilization, a 2.7″ tilt and swivel LCD and features such as Shadow Adjustment Technology. From the E-30 come a selection of Art Filters, a Multiple Exposure mode, a choice of 4 aspect ratios. A range of optional accessories will be available, including a vertical grip and an underwater housing. We’ve borrowed a near-production version of the camera and have prepared a detailed hand-on preview to show you what to expect.

February 24, 2009 – Today Olympus announced the E-620 digital SLR, a very compact 12.3-megapixel model weighing just over a pound (without lens or battery), featuring a swiveling 2.7-inch LCD display and 6 Art Filters to produce special visual effects. The E-620 will ship in May priced at $699.99 for the body alone and $799.99 packaged with a 14-42mm lens (28-84mm equivalent in 35mm photography). Digitalcamerainfo.com had the opportunity to work with a pre-production model of the camera, and we have an extensive First Impressions review here.

Olympus America has today announced its latest digital SLR, just a week before the start of this year’s Photo Marketing Association Spring tradeshow in Las Vegas, Nevada.

DSLR camera, the E-620, to its consumer range of Four Thirds System-compliant cameras in April.

In a surprise move, just prior to the big annual PMA trade show in Las Vegas next week, Olympus has unveiled an all new 12 megapixel E-System DSLR model, the E-620, that fits in between the E-520 and the new E-30, although it has more than a passing resemblance, in both appearance and, to an extent, size, to the baby of the range, the E-420. We have been evaluating the E-620 for the last couple of weeks and have a 29 image product gallery – see the thumbnails below.

ちょっとオモローな関連記事:

オリンパスの混信。。。いや渾身のデジタル一眼レフカメラE-620に反応したメディアの中には、あまりにもすばらしいカメラなので、少々混乱されているようです。

スポンサードリンク