マクラーレンを去るロン・デニスがマクラーレンを去ったドライバーについて語る

スポンサードリンク

マクラーレンを築いた男ロン・デニスがとうとうF1から去る時が来ました。
今年から、F1のトップの座を降り、マクラーレン社の別の役割に付き、F1との係わり合いを薄めていくそうです。
事実上のF1引退ですが、彼が最近マクラーレンを去ることになったドライバー、ファンパブロ・モントーヤ、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソについて語りました。

ロン・デニスは、ファン・パブロ・モントーヤ、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソがマクラーレンを去った理由を打ち明けた。

3人のドライバー、それぞれマクラーレンを去った理由があるようで、人それぞれですが、モントーヤとアロンソの場合、少なからずチームメイトとの競争と待遇に何らかの原因があったことが伺われます。
鉄壁の掟が噂のマクラーレンチームだからこそチームメイト間の競争は激しいのでしょうか?

マクラーレンで優勝したドライバーが貰える筈のトロフィーは契約で全てマクラーレンF1チームの所有になります。
ロン・デニスは優勝トロフィーが陳列してある部屋で、これまでのF1の栄光の歴史を顧みているのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン