歩きながら携帯充電?それとも燃料電池?

スポンサードリンク

NTTが、iPodや携帯電話に使える歩行発電機を開発したそうです。

NTTは16日、小型の発電機を装着した靴を履いて歩くことで、携帯電話などに必要な電力を供給できる「歩行発電」の試作機を開発したことを明らかにした

現在の出力は「歩いている限り(携帯音楽プレーヤーの)iPodが切れることはない」(NTT環境エネルギー研究所)程度。実用化までに出力を倍増させ、電気をiPodの2倍消費する携帯電話で通話できる水準まで改良する考えだ。

靴に仕込んだ水で水流を発生させタービンを回すことで発電するそうで。
これと同じと思われ、、、

 鳥海の歩行発電は、簡単にいえば水の入ったタンクを足で踏むことで水流を発生させ、その圧力でタービンと発電機を回して電力を発生させるシステムである。現在の試作品ではタービンや発電機などが表に出ているが

価格は数千円だそうです

今後は高出力化や小型化を進め、2010年にも実用化につなげる。価格は通常の靴に数千円上乗せする程度にする。

靴の底がぐにゅぐにゅして以外と気持良いかもしれませんね、、、(^^;;;

お次は、とうとう燃料電池が実用化されそうというネタ

携帯電話やゲーム機、音楽機器、デジタルカメラなど大半の携帯型デジタル機器の充電に利用できる燃料電池を開発、量産化技術を確立したと発表した。

このような技術はやはり、電池寿命が1日持つには微妙なiPhoneにぴったりなのでは無いでしょうか?(^^;;;

スポンサードリンク

アマゾン