F1エンジン統一することなく一安心?

スポンサードリンク

F1とメーカー側のFOTAは、2009からのコスト削減、特に注目は、一番コストが掛かるエンジンをどうするのかを合意したようです。

世界のモータースポーツを取り仕切るFIA(国際自動車連盟)とF1チームの集まりであるFOTA(フォーミュラワン・チーム・アソシエーション)とは、21日(火)スイスのジュネーブで会合を持った結果、かねて課題となっていたF1のコスト削減案について劇的な合意に達したとの共同声明を発表した。

速報から抽出すると

・2009年から1エンジン3レースまで
・エンジン・マニュファクチャラーズは1千万ユーロ(約13億1千万円)で計25基のエンジンを用意する
・2009年のテスト距離制限を新たに合意
・2010年もしくは2011年のKERS導入について、さらに検討する

ということらしいです

ちなみにチームは13億円支払ったらエンジンを供給していただけるという訳ですね。

つい先日FIAは、エンジン入札という強権を発動しましたが、この合意を引き出す為に先制ジャブだったんですね、、、たぶん。

そして現実的にはF1もコスト削減が待ったなし、、、、チームによっては、すでに世界金融危機の影響を受けそうな予感も、、、

ルノー・チームのタイトル・スポンサーで、各地のグランプリでも積極的なスポンサー活動を繰り広げてきたオランダの金融グループである『ING』は、政府から巨額資本の注入を受けることが発表された。

スポンサードリンク

アマゾン