ポール・ニューマン氏死去

スポンサードリンク

俳優であり、レーサーであり、レーシングチームのオーナーである、ポール・ニューマン氏がお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

AP通信によると、映画「明日に向って撃て!」「スティング」などで知られる米国の俳優、ポール・ニューマン氏が26日、がんのため、東部コネティカット州ウェストポート近くの自宅で死去した。83歳だった。同氏は今年6月、がんで闘病中と報じられていた。

ニューマンは約60年もの俳優生活の中で50本以上の映画に出演し、オスカーへのノミネートは10回に及ぶ。代表作は『ハスラー』(1961)、『明日に向かって撃て!』(1969)、『タワーリング・インフェルノ』(1974)など。1985年にはアカデミー名誉賞を受賞、その翌年には『ハスラー2』でアカデミー主演男優賞に輝き、俳優としての地位を不動のものとした。

映画界からの引き際も立派なもので、ご自分から映画界からの引退宣言をされたのが昨年のこと、その1年前には、ディズニーPIXAR映画「カーズ」では吹き替えで出演されていたばかりでした、、、

映画『明日に向って撃て!(Butch Cassidy and the Sundance Kid)』などで主役を演じるなど輝かしい功績を残しているポール・ニューマン(Paul Newman)が25日、自身の82歳という年齢を理由に映画制作から身を引くことを明らかにした。

また、ル・マン24時間レースでも2位入賞、、、、そして、ニューマンハースレーシングチームのオーナーでもあり、ニューマン氏が映画スターであるのと同じ暗い、モータスポーツへ貢献された人物でもありました。

本業以外の活動でも一流だった。69年の映画「レーサー」での主演がきっかけでカーレースに熱中した。44歳だった70年にプロデビューし、79年の「ルマン24時間」で2位。95年にはフォード・マスタングの一員として「デイトナ24時間GTS?1クラス」で優勝した。

ポール・ニューマン氏の軌跡、、、

界中のファンを引きつけたポール・ニューマン氏の死去に、追悼の声が相次いでいる。端正な外見とは裏腹に、社会のはみ出し者や敗者を好んで演じたニューマン氏。その軌跡は、1960年代から70年代にかけて自問と内省を深めていったハリウッド、そして米社会そのものの変化とも重なっている。

スポンサードリンク

アマゾン