Impress様のD700詳細

スポンサードリンク

Impress様でNikon FXフォーマット、フルサイズデジタル一眼レフ、D700の実記レポートをアップされています。

ニコンが25日に発売するデジタル一眼レフカメラ「D700」を借りることができたので、ここでは外観写真とメニュー画面を中心に、新機能などを紹介する。

既に発売済みのハイエンド機D3との比較も詳細に書かれていて読み応えがあります。

・D700は言わばD3のボディー下部を切り取ったもの
・店頭予想価格33万
・各部の操作感は価格に見合うもの
・レリーズタイムラグは40ms(D3は37ms)
・シャッター音の切れの良さはD3とD300の昼間、少し音量がある
・992gは若干重量感のある印象
・グリップ形状はD300とほぼ同じ
・D300ゆずりのスイッチ類もしっかり
・ボディの剛性は高い
・高級感のある仕上げ
・マルチセレクタにOKボタン加わる(D3と同じ)
・infoボタンを設ける(ミドルクラス初)
・アイピースシャッターを搭載
・バッテリーはEN-EL3e。D300、D200、D80と共用できる
・貸出機の生産国名は日本だった
・D3と同じ撮像素子CMOS 36×23.9mm 有効1,210万画素
・ミラーボックスはマグネシウム合金製。クイックリターンミラーにミラーバランサーも搭載
・ファインダーにはガラスペンタプリズム
・視野率約95%(D3は100%)
・AFセンサーはD3、D300と共用。51点
・アイポイントは18mm
・D3には無いライブビュー搭載
・電子水準器が、ライブビューでも可能に
・コントラストAFの三脚撮影モードは合焦速度が約1.7倍に高速化
・三脚撮影モードでは最大10倍に拡大できる
・アクティブD-ライティングにオートモード追加される
・ライブビューをボタン1つで起動可能になった
・「プラスRAW記録」とは、ファイル形式をJPEGにしているときにRAW画像も記録する機能
・イメージセンサークリーニング(D3には無い)
・D3に対し「5:4(30×24)」が省略されている
・コマンドロックの指定をメニューから(D3はボタンから)
・連射5枚/秒
・マルチパワーバッテリーグリップ「MB-D10」にEN-EL4a、または単3電池8本を装着した状態で8枚/秒
・14bit RAW記録時でも連写速度は落ちない
・ヴィネットコントロールが使える。

ということで、かなり詳細なレポートでした。これでD700がより詳細に判ると思います。

スポンサードリンク

アマゾン