気になるリコー「GX200」実写インプレッション記事

スポンサードリンク

リコーGX100に数々の改良を加えたGX200、先月末発売開始されたのですが、さてその気になる画質は、、、こちらの記事を見るとそのすばらしい画質が判ると思います。

画質はとてもシャープで、解像感がある。コントラストも高めな印象だ。ノイズに関しては、ISO64?200ではほとんど気にならない。スムーズで解像力の高さがうかがえる。ISO400以上になると感度を上げるごとにノイズが増え、解像感が少しずつ失われ始める印象だ。

広角かつ、マクロ強いGX100の美点をそのまま引継ぎ、ノイズや歪曲などの欠点を克服したGX200は今のところ一番表現力を持っているコンパクトデジタルカメラかもしれませんね。

GR BLOGさまではマクロ撮影の使いこなし方を説明されています。

GX200はGX100からfnボタンが1→2つに、マイセッティングが2→3つなり、登録できる機能も増強されています。 マイセッティングにステップズームで28mmや50mmスタートの設定を登録したり、アスペクト比1:1モードを組み合わせたりといった使い方がGXユーザーのポピュラーな使い方ですが、今日は(昆虫写真が好きな)私のGX200お奨め設定を少し紹介したいと思います。

マイセッティングモードも3つになったRICOH GX200はその表現力を、さまざまな場面で生かすことが出来そうですね。

スポンサードリンク

アマゾン